井出氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
井出氏
家紋
井桁
丸に井桁
本姓 藤原南家為憲二階堂氏庶流
家祖 二階堂正重
種別 武家
出身地 駿河国富士郡井出
主な根拠地 駿河国
著名な人物 井出正次
凡例 / Category:日本の氏族

井出氏(いでうじ、いでし)は日本の氏族。富士上方(現在の静岡県富士宮市)の在地領主。

概要[編集]

藤原南家の流れとされ、二階堂左衛門尉正重が駿河国富士郡井出の地に住みつき「井出氏」を称したことに始まるという。今川氏に被官しており今川氏との関係が強く、大永3年(1523年)から永禄12年(1569年)まで20点の今川氏から井出氏への発給文書が存在する[1]。 富士上方に位置する「上野関」の管理が今川氏により任されており、また上野関銭を安堵されていた[2]

花倉の乱の際、当時の当主である井出左近太郎は栴岳承芳(今川義元)側に付かず、玄広恵探側に付いたと言われる[3]。今川家家臣として河東の乱にも参加し、戦功として富士上方の稲葉給及び屋敷が安堵されている[4]。また大宮の富士氏と共に武田氏駿河侵攻に抵抗しており、今川氏真より安堵状[5]と感状[6]を受けている。富士郡大宮の地に屋敷を有していたと考えられ、駿河侵攻における大宮城の戦いにおいては富士氏らと籠城したと言われている[7]

井出館[編集]

井出家高麗門・長屋

井出館は源頼朝富士の巻狩の際に宿所が置かれたと伝えられる場所[8]であり、幔幕を張ったといわれる[9]。井出家の一部は現在「井出家高麗門及び長屋」として、富士宮市の指定文化財に登録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『戦国期今川氏の領域と支配』、53項
  2. ^ 『戦国期今川氏の領域と支配』、54項
  3. ^ 『戦国期今川氏の領域と支配』、61項
  4. ^ 「浅川井出文書」、天分12年4月14日
  5. ^ 「浅川井出文書」、永禄12年6月9日
  6. ^ 「浅川井出文書」、天分12年7月5日
  7. ^ 『戦国期今川氏の領域と支配』、69項
  8. ^ 富士宮市HP
  9. ^ 富士宮市HP

参考文献[編集]

  • 大久保俊昭、「今川領国における国人・土豪層の動向と存在形態」『戦国期今川氏の領域と支配』、岩田書院、2008年
  • 寛政重修諸家譜』、巻1100