井上正巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
井上正巳

井上 正巳(いのうえ まさおと、安政3年1月5日1856年2月10日)- 大正10年(1921年9月14日)は、江戸時代の大名。常陸下妻藩の第14代(最後)の藩主、子爵。第13代藩主・井上正兼の次男。母は飯田氏。正室は戸田忠綱の娘。子は井上正国(長男)、井上正義(次男)、横田正頼(三男)、平田甫(四男)、娘(飯田某室)、娘(西尾勝順正室)。官位は従五位下、伊予守。幼名は辰次郎。辰若丸。

経歴[編集]

次男だったが、兄の孝丸が病弱を理由に廃嫡されたため、世子となる。そして慶応2年(1866年)11月23日の父の隠居により跡を継いだ。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、はじめは幕府側に与して江戸城清水門の警備を務めた。後に新政府側に寝返ろうとしたが、旧幕府からの圧力を受け、一部の藩士が会津藩との戦いで会津側に与した。新政府からそれを咎められて、改易に処されかけたが、家老が懸命に弁明し、さらに佐幕派であった今村昇らを殺害したため、改易を免れた。

明治元年(1868年)11月25日、叙任する。明治2年(1869年)6月の版籍奉還藩知事となり、明治4年(1871年)7月の廃藩置県で免官された。大正10年(1921年)9月14日、66歳で死去した。墓所は東京都台東区谷中霊園