井上春生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

井上 春生(いのうえ はるお、1963年 - )は、映像作家映画監督脚本家 、CM&TVディレクター。奈良県出身。


来歴[編集]

プロフィール[編集]

シンガポール日本人学校同志社大学法学部卒。東映京都撮影所で数年深作欣二監督、降旗康男監督らに師事。コマーシャルでは2001年資生堂CM「おもてなしの国から。」篇JAA広告コンクール銅賞。2006年資生堂CM「TSUBAKI春宣言」篇ACC46th CM FESTIVAL キャンペーン特別賞(PRver./director)などで受賞歴。2005年、auによるショートフィルムため息の理由」(加藤ローサ主演)と「bird call」(鈴木えみ主演)は携帯配信の初映画として注目を集め後に劇場公開に至った。 エピックレコードジャパンが2006年に映画業界に参入した映画シリーズcinemusicaは、そうした井上作品にアーティストの楽曲をプロモーションする井上×エピックレコードアーティストのスタイルで始まり、いきものがかりなど輩出。2008年、渋谷BOXX映画祭、ららヨコハマ映画祭で井上作品全上映。映像文化支援などの大学講義や、天理大学就業力育成プロジェクト「Creative映画塾」なども行っている。東日本大震災に際し作家の島田雅彦主宰「復興書店」に共鳴し女優の佐伯日菜子出演の告知映像など「表現の寄付」というスタイルでプロデュースした。コンスタントに商業映画を作る傍ら、アフガニスタンの映画監督と交流を図り映画を復興に結びつけるライフワークをもつ。2005年、カブール大学芸術学部と共同して3本のオムニバス作品の日本アフガニスタン合作ドキュメント「KABUL TRIANGLE」をプロデュース兼総監督。「アフガン零年」でカンヌ国際映画祭・カメラドール賞などを受賞したセディク・バルマク監督やアフガンフィルム所長ら現地監督と連繋して、日本でアフガニスタン映画祭を4度開催。2008年、日本アフガニスタン合作劇映画「THE ROOTS(監督:アーマディ・ラティフ)」を製作総指揮。MONDO GROSSOの大沢伸一が映画音楽を担当。アフガニスタンやインドでの海外映画祭の正式招待を受ける。

映画作品[編集]

The Kabul International Documentary & Short Film Festival 2009 招待
South Asian Film Festival in India 2009 招待(オープニング上映)
第2回ソウル忠武路国際映画祭正式招待 2008
第4回横濱学生映画祭招待 2006
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭招待 1990

※印以外は原案・脚本・監督・編集

テレビの主な作品[編集]

外部リンク[編集]