井上嘉浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
井上嘉浩
誕生 1969年12月28日(44歳)
京都府京都市右京区
ホーリーネーム アーナンダ
ステージ 正悟師
教団での役職 諜報省長官
入信 1986年
関係した事件 公証人役場事務長逮捕監禁致死事件
地下鉄サリン事件
判決 死刑(上告棄却)

井上 嘉浩(いのうえ よしひろ、1969年12月28日 - )は、元オウム真理教幹部。確定死刑囚京都府京都市右京区出身。ホーリーネームアーナンダ。教団内でのステージは正悟師。

来歴[編集]

高校1年時に阿含宗に入信したが、2年時の1986年にはオウム神仙の会に入信する。1988年、京都の私立洛南高等学校を卒業し、3月1日に出家。合格していた日本文化大学法学部には入学手続きを取ったが通学せず、夏休みに同大学を中退。

地下鉄サリン事件の3日前の尊師通達で正悟師に昇格した。また、教団が省庁制を採用した後は諜報省長官とされた。

駐車場経営者VX襲撃事件会社員VX殺害事件被害者の会会長VX襲撃事件公証人役場事務長逮捕監禁致死事件地下鉄サリン事件など一連のオウム真理教事件に関与する。新宿駅青酸ガス事件東京都庁小包爆弾事件には首謀者として関わった。

公証人役場事務長逮捕監禁致死事件で特別指名手配されていたが、1995年5月15日秋川市(現あきる野市)で発見され、公務執行妨害の疑いで、豊田亨とともに現行犯逮捕される。乗っていた車の中から東京都庁小包爆弾事件島田裕巳宅爆弾事件で使われた爆発物の原料となる物質が発見された。

裁判[編集]

第一審では死刑求刑だったが、目黒公証役場事務長事件では逮捕監禁罪を認めたが逮捕監禁致死罪を認めず、地下鉄サリン事件では連絡役に留まるとして2000年6月6日東京地裁無期懲役判決が下った。オウム真理教事件において死刑求刑に対して無期懲役判決が下ったのは初めてであった。検察控訴し、控訴審では目黒公証役場事務長事件の逮捕監禁致死罪を認め、地下鉄サリン事件の現場指揮者ではないが総合調整役として無差別大量殺人に重要な役割を担ったことを認定して死刑判決を受けた。2009年12月10日上告棄却2010年1月12日に上告審判決に対する訂正申し立てが棄却され[1]、死刑が確定した。オウム真理教事件で死刑が確定するのは9人目。

2014年現在、東京拘置所収監されている。

人物像[編集]

非常に信心深く、修行に際しては同じ行を繰り返し行うことで知られていたことがワイドショーに出演した元信者の告白などで語られている。ワイドショーでは水中クンバカの行を行い、5分30秒も水中で結跏趺坐を組み続ける姿も放映された[2]

かつて瞑想修行中に麻原の妻である松本知子から「アーナンダは眠っている」としつこく注意されたが、「私は起きている」と反論すると、麻原からカーボン製の竹刀で打擲され、一週間ほど立つのにも苦労した経験があったことを公判中に語った。

関連事件[編集]

関連書籍[編集]

  • 『オウム法廷―グルのしもべたち〈上〉』(朝日新聞社、1998年)ISBN 9784022612236

脚注[編集]

  1. ^ “オウム事件、井上被告の死刑確定 9人目”. 共同通信. (2010年1月13日). http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010011301000753.html 2010年1月14日閲覧。 
  2. ^ その際、井上が浮き上がった直後、麻原から「何を怖がってんだよ」と言われていた。にも関わらず、麻原の場合はたったの15秒であった。因みに、世界最高記録は約11分である。