五粽亭広貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五粽亭 広貞(ごそうてい ひろさだ、生没年不詳)とは、江戸時代後期の大坂浮世絵師

来歴[編集]

歌川国升の門人。大坂の人。広貞、五粽亭と号し、蘭畦、小西五長、貞の印を使用している。天保の改革以降の中判錦絵の代表的絵師で、作画期は弘化4年(1847年)から文久3年(1863年)にかけてであった。嘉永(1848年-1854年)、安政(1854年-1860年)期の上方役者絵復興の中軸となった存在であり、巧緻入念な役者絵を多数作画しており、中判のサイズに凝縮した上方版画の技巧の高さを端的に示している。代表作として嘉永2年(1849年)の大坂筑後芝居『五大力恋縅』に取材した中判3枚続の「芸子菊の・沢村其答 笹野三五兵衛・五世市川海老蔵 勝間源五兵衛・三枡大五郎」などがあげられる。

門人に歌川広兼(2代目歌川貞広)がいる。

作品[編集]

  • 「日蓮上人一代記」中錦2枚続 5組揃 嘉永2年10月 『日蓮上人御法海』
  • 「弁ノ内侍・三世中村大吉 楠正行・嵐璃寛 又五郎狐・嵐璃珏」中錦3枚続 嘉永3年3月 筑後芝居『是れは是れはと斗花吉野山』          
  • 「夏祭忠孝伝」中錦2枚続 2組揃 嘉永3年5月 中座『夏祭浪花鑑』
  • 「文覚上人・三世嵐璃寛」 中錦 上下2枚続 文久元年7月 角座『摂州渡辺橋供養』
  • 「八犬伝之内 犬つか信乃」

参考文献[編集]

  • 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻)-日本浮世絵協会編(1982年、大修館書店)

関連項目[編集]