五星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五星(ごせい)は、太陽系惑星のうち水星金星火星木星土星の5つ。

肉眼で容易に観測できるため、古代より知られていた惑星である。太陽系の内側から6つめまでの惑星のうち、天動説では惑星と認識されていなかった地球以外の5つでもある。五星(と地球)以外の惑星が知られたのは、天王星が発見された1781年である。

現在は天文学でも占星術でも特別な位置づけにはないが、趣味の天体観望では対象として人気が高く、五惑星五大惑星として言及されることもある。

中国では五行思想の元になり、漢字圏(中国語日本語朝鮮語ベトナム語)では「」の五行に「星」をつけた名で呼ばれる(ただしベトナム語では「星○」の語順)。五行と五星の対応は、惑星の性質(わかっていたのは運行・色・光度程度だが)から連想されるものになっており、単純な順序関係になっていない。

五星にを加えたものが七曜で、曜日に対応付けられている。なお五星に対応する曜日は連続しているが、偶然である。七曜に計都羅睺を加えたものが九曜である。