五十川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
五十川駅
駅入口
駅入口
いらがわ - Iragawa
あつみ温泉 (5.9km)
(4.4km) 小波渡
所在地 山形県鶴岡市五十川
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 羽越本線
キロ程 115.7km(新津起点)
電報略号 ラカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
24人/日(降車客含まず)
-2009年-
開業年月日 1923年大正12年)3月18日
備考 無人駅

五十川駅(いらがわえき)は、山形県鶴岡市五十川にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。かつては駅舎や跨線橋があったが撤去され、駅舎跡付近にホーム行きの地下通路入口がある。複線化の際に線路が若干山側に移設された。ホーム行き地下通路入口の鶴岡側には旧ホームの一部が残っている。ホーム上には待合室が設けられている。

酒田駅管理の無人駅。かつては鶴岡方上り線側に田川炭鉱(昭和35年閉山)への専用線があった。

のりば[編集]

駅舎側(西側)から、

1 羽越本線(下り) 鶴岡余目酒田方面
2 羽越本線(上り) あつみ温泉村上方面

利用状況[編集]

  • 2009年度の1日平均乗車人員は24人である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2004 43
2005 39
2006 41
2007 39
2008 33
2009 24


駅周辺[編集]

歴史[編集]

跨線橋があった時代
  • 1923年大正12年)3月18日 - 陸羽西線・三瀬 - 温海(現・あつみ温泉)間開業の際に開業。
  • 1924年(大正13年)7月31日 - 羽越線の駅となる。
  • 1925年(大正14年)11月20日 - 支線となる赤谷線の開業に伴い、羽越本線の駅となる。
  • 1970年昭和45年)9月29日 - 温海 - 五十川間が複線化。
  • 1972年(昭和47年)9月1日 - 貨物および荷物の取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道の駅となる。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
羽越本線
あつみ温泉駅 - 五十川駅 - 小波渡駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]