五十嵐充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
五十嵐充
基本情報
出生名 五十嵐充
出生 1969年5月17日(45歳)
出身地 日本の旗 日本, 神奈川県横浜市
血液型 A型
学歴 明治学院大学除籍
ジャンル J-POP
職業 作詞家
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
キーボーディスト
シンセシスト
担当楽器 キーボード
シンセサイザー
活動期間 1993〜1994年頃 -
レーベル avex trax
事務所 エイベックス・マネジメント(旧:エイベックス・エンタテインメント
公式サイト iggy326.syncl.jp/

五十嵐 充(いがらし みつる、1969年5月17日 - )は、日本ミュージシャン音楽プロデューサー。本名同じ。愛称はイガちゃんイガピーエイベックス・マネジメント(旧:エイベックス・エンタテインメント)所属。血液型A型神奈川県横浜市出身。身長172cm。

来歴[編集]

  • 幼稚園から中学一年生の時にスキーで左足を骨折するまでエレクトーンを習っていた。中学初期はTHE BEATLESTHE MONKEESらの楽曲に夢中になり、洋楽にはまるきっかけになったという。その後はギターにのめりこみ、中学三年生の終わり頃からはアマチュアバンドを組むようになる。その頃にはHR/HM系バンドを聴くようになった。高校は横浜高等学校に在籍し、ディスコで聴いたサマンサ・ジルズの楽曲からユーロビートに衝撃を受ける。この頃、自身の周りにギター上級者が数多くいたため、ギターを諦め再び鍵盤楽器に集中するようになる。横浜高等学校を卒業後、明治学院大学に入学するが、在学中に音楽活動に専念したため除籍になっている。(ちなみに、著名な先輩には南こうせつ高見沢俊彦などがいる)
  • エイベックス」創業者の一人である松浦勝人が、当時経営していた貸レコード店「友&愛」上大岡店でアルバイトとして勤務していた。これが縁で松浦と親交を深めていった。後に上大岡店の店長となる。
  • 24歳の時(1993〜1994年頃)に音楽業界入りし、「エイベックス」の子会社の制作会社「プライム・ディレクション」のレコーディングスタジオ「プライム・サウンド・スタジオ青山」の電話番のアルバイトをしながら、音楽プロデューサーを志し音楽創作を始める。その後1995年、「エイベックス・ディー・ディー」のディレクターが、のちにEvery Little Thingのボーカルとなる当時17歳の持田香織をスタジオに連れて来て、五十嵐に持田の声を使ってデモテープをつくることを勧めた。その後、持田のデビューの話が進み、松浦勝人が五十嵐もユニットとして表舞台に出ることを勧めている。かつて、共にバンドを組んでいた伊藤一朗と会うのはデビュー1ヶ月前のことである。
  • 1996年8月、持田香織(ボーカル、作詞)、伊藤一朗(ギター、作曲・編曲)と共に、Every Little Thingのリーダー兼サウンド・プロデューサー、キーボード・プレイヤー、作詞・作曲・編曲担当として、シングル「Feel My Heart」でavex trax(エイベックス・ディー・ディー)からCDデビューした。Every Little Thingでは、数曲を除いてほとんどの楽曲の作詞・作曲・編曲を担当した。
  • Every Little Thingの活動と並行して、大橋利恵(後に大橋りえへ改名)、奥菜恵観月ありさらへの楽曲提供、プロデュースを行った。
  • 2000年3月に作曲・編曲及びプロデュース活動に専念するためにEvery Little Thingを脱退した。脱退後は、dreamなどに楽曲を提供した後、2002年から2005年までバンドday after tomorrow(dat)のサウンド・プロデューサーを務めた。
  • 2005年にdatが活動を休止した後は寡作となっている。1年以上メディアに一切登場しないこともあり、特に、2005年秋から2008年初頭までは一切メディアに登場していなかった他、2010年4月以降再度メディアへのがなくなっている(後述のブログ更新を除く)。
  • datの活動停止直後の動向については謎に包まれていたが、2008年から2009年になってブログやメディアの取材によって明らかにされている。この時期RUSHMOREという名の新グループを結成し、そのデビューのために必要な準備をしていたとのことである。RUSHMOREの結成について一般に公表されたのが2008年であったため、一般にはこの時期に結成されたと思われがちであるが厳密には誤りである。RUSHMOREではサウンド・プロデューサーを務めており、正式デビューを前に、2009年より自身が作詞・作曲した楽曲『恋情(おもい)』のを先行プレ配信を行った。
  • 2009年、9年ぶりにELTに楽曲提供を行った。また、同年のa-nationにも参加した。12月23日、RUSHMOREがCDデビューを果たす。
  • 2010年3月28日に東京国際フォーラムで開催された、Every Little Thing Concert Tour 2009~2010 “MEET”の追加最終公演のアンコールにサプライズゲストとして参加。その後は、2011年8月8日のブログで前日に他界したジョー山中の追悼のコメントをしたのを除き目立った活動がなかった。なお、そのブログは2010年3月の更新のあと1年半に渡って更新が途切れていたということもあって反響も小さくなかったが、その後一切更新が行われないまま、2013年秋頃削除された。なお、その更新分の中で自らの母親と山中が同級生であったことを明かした。
  • 2012年girl next doorの新曲に参加することが発表された。

人物[編集]

  • 来歴にもあるとおり、HR/HMなどの洋楽バンドに精通しており、ブログでよく話題にしている。『BURRN!』を創刊号から買っていた。
  • 現在でもギターを続けており、一時期90本近くあったが、現在は数本しか持っていない。所有モデルはストラトキャスター フェスタ・レッドレスポール・カスタムJ-200など。
  • 漫画が好きなようで、ブログにアニメDVDの写真を掲載している。代表的なものに『あしたのジョー』、『銀河鉄道999』などがある。また、ブログのプロフィールにある、好きだった漫画のランキングでは1位『らんぽう』、2位『マカロニほうれん荘』、3位『陽あたり良好!』としている。
  • 好きなドラマ、映画についてブログの中でコメントを書くこともある。代表例として『宮本武蔵』、『アマデウス』、『ぼくの妹』が挙げられる。
  • ハーレーダビッドソンを保有しており、ブログにも写真を載せているが、ほとんど乗っていないとのこと。本人はハーレーをファッションとしている。
  • ミニチュア・ダックスフンドの「たまお」(レッド)、「ぼぼ」(チョコタン・パイボールド)の2匹(両方共オス)を飼っている。
  • 2008年12月のELTのコンサートの打ち上げに際してメンバーと久しぶりに対面している。伊藤一朗との関係については、同年7月9日付のブログにおいて触れられていたが、持田との関係については触れられていなかった。なお、7月9日のブログに登場するマッシーさん(林真史)は五十嵐脱退後のキーボード奏者である。
  • 中村錦之介のファンである事をブログで公言している。
  • 浜崎あゆみの紹介本のなかで小室ブームの終焉に導いた人物として紹介されている。ちなみに浜崎は小室哲哉、五十嵐の両方の楽曲を歌っている。
  • ブログの更新を始めたのは、RUSHMOREの結成を公表した2008年からである。かつてはAmebaにブログを開設していたが、2009年3月11日からは、独立したブログを立ち上げている。一時は1か月に2回ぐらいの頻度で更新していたが、2010年3月13日に更新した後1年5か月に渡って更新が途切れてしまった(前述の通り2011年8月8日にブログを更新している)。
  • 横浜高等学校の同級生にお笑いタレント山崎まさやがいる[1]

主な作品[編集]

Every Little Thing[編集]

dream[編集]

大橋りえ(大橋利恵)[編集]

  • Shiny Lucky Lady(作曲・作詞・編曲)
  • Everybody, Shake Up!(作曲・作詞・編曲)
  • Close To You(作曲・作詞・編曲)
  • Prologue《Instrumental》(作曲・編曲)
  • Sleepless Summer(作曲・編曲)
  • 今日はHoliday(作曲・編曲)
  • Believin' In Your Love(作曲・編曲)
  • Someone loves you《Instrumental》(作曲・編曲)
  • Walkin' In The Hard Rain(作曲・作詞・編曲)
  • 夏の果てには(作曲・編曲)
  • Let's Make Love(編曲)
  • Release myself(作曲・編曲・共同作詞)
  • Inside You(作曲・編曲・共同作詞)
  • 君のいる街(作曲・編曲)
  • ゴメンネ(作曲・編曲)
  • Ask for me(作曲・編曲)
  • Turn Into Love(作曲・編曲・共同作詞)

day after tomorrow[編集]

RUSHMORE[編集]

  • 恋情(おもい)
    作曲・作詞を担当

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]