二重テグス結び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二重テグス結び

二重テグス結び(Double fisherman's knot)とは、の端と端をつなげる結び方のひとつ。

結び方[編集]

二重テグス結びの結び方

テグス結びは、以下のようにして結ぶ。

  1. 2本の紐の端を平行に重ね、片方の端がもう片方の紐を巻き込むように固め止め結びする。
  2. もう片方の紐についても同様に固め止め結びをする。
  3. 紐を引いて2つの結び目がひとつになるように整える。

特徴・用途[編集]

テグス結びより巻きつけが多いぶん摩擦が強く働き、ほどけにくい(ただしそのぶんほどきにくい)。クライミングをはじめ高い信頼性を要求される場面で多用される。テグス結びと同様に、結び方を誤ると結び目が揃わず強度が下がってしまう。[1]

参考文献[編集]

  1. ^ 『アウトドア・ロープテクニック』136頁。

外部リンク[編集]