二次元ドリームマガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二次元ドリームマガジン
ジャンル 成年向け雑誌
読者対象 18歳以上
刊行頻度 隔月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 990円
出版社 キルタイムコミュニケーション
刊行期間 2002年6月 -
レーベル 二次元ドリームノベルズ
あとみっく文庫
二次元ドリーム文庫
二次元ドリームコミックス
ウェブサイト http://www.ktcom.jp/

二次元ドリームマガジン』(にじげんドリームマガジン)は、キルタイムコミュニケーションが発行している隔月刊ジュブナイルポルノ小説誌である。愛称は「ニジマガ」「ドリマガ」「ゲドマガ」。

概要[編集]

母体である二次元ドリームノベルズの好調を受けて、2002年6月に創刊し、2004年2月発売のvol.14にて独立創刊した(雑誌コード取得。それまでは『ゲーム批評』『PC-DIY』増刊号であった)。

号数を重ねるにつれてノベルズ人気作品のコミック化、実験的読み切りの増加に伴い、雑誌本体も厚みを増してゆき、2008年には300ページを越えた。これは創刊号の196ページから見て、およそ1.5倍の増加である。

掲載作品の傾向は二次元ドリームノベルズ及び二次元ドリーム文庫を踏襲している。発刊当初は同レーベルで実績のあった作家を起用しての新規連載、既存作品の続編、一話短編読み切り、(ほとんど悪ふざけに近い)人を食ったようなコラムや企画が大部分を占めていたが、近年ではカラーイラストやコミックが分量を増し、ほぼ半分ずつの状態になっている。また、雑誌媒体であることを活かしてCD等の付録が充実している。発売される月によっては搾乳、巫女などテーマがあり、冒頭のカラーイラストはそれに沿ったものになっている。

2011年現在、定期的に発行されているジュブナイルポルノ小説誌は本誌のみである。

イセリア英雄戦記[編集]

読者参加型小説として2009年6月号より掲載されている。これは2009年4月号の投票で最も人気のあったジャンルである、ファンタジー戦争ものを毎月掲載していくというもので、読者は毎回2つの前篇の話を読んでどちらか見たいのを選び投票、得票数の多いほうが採用される。

掲載作家[編集]

参考文献[編集]

  • 二次元ドリームマガジン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]