二本榎通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二本榎

二本榎通り(にほんえのきどおり)とは東京都港区高輪1丁目高輪2丁目の間、および高輪3丁目を通る道の名称である。

この通りは旧東海道をなし、三田四丁目方向に向かうと、伊皿子坂上を経て、「聖坂」と名称を変える。

名称の謂れ[編集]

江戸時代、上行寺(現在の高輪1-27明治学院体育館の場所に存在)門前に「」の木が2本あったことからこの名が付いた。当の榎はその後、移植され複数現存している。

関連項目[編集]