二曲城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二曲城の堀

二曲城(ふとげじょう)は石川県白山市出合町にある中世の日本の城山城)跡で、川の対岸にある鳥越城の附として国の史跡に指定されている。

この地は白山麓門徒の指導者であった鈴木氏の本拠で、城は鈴木氏の館の背後にある詰城であった。

城は大日川の河畔にある標高267メートルの独立峰城に築かれており、山頂が削平されていてとなり、尾根上にも郭と堀がある。

天正8年(1580年)に織田軍の攻撃により落城するが、さらに一向一揆の抵抗は続き天正10年に一揆衆が城を奪還した。しかし数ヶ月後には再度落城し、一揆衆300人余りが処刑され一揆衆の抵抗は終わった。

関連項目[編集]

座標: 北緯36度21分27.0秒 東経136度36分3.4秒 / 北緯36.357500度 東経136.600944度 / 36.357500; 136.600944