二宮金次郎 (唱歌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

『二宮金次郎』(にのみやきんじろう)は、童謡唱歌のひとつ。文部省唱歌。作詞、作曲ともに不詳。

歌詞[編集]

  1. 柴(しば)刈り縄ない 草鞋(わらじ)をつくり
    親の手を助(す)け 弟(おとと)を世話し
    兄弟仲よく 孝行つくす
    手本は二宮金次郎
  2. 骨身を惜(おし)まず 仕事をはげみ
    夜なべ済まして 手習(てならい)読書
    せわしい中にも 撓(たゆ)まず学ぶ
    手本は二宮金次郎
  3. 家業大事に (ついえ)をはぶき
    少しの物をも 粗末にせずに
    遂には身を立て 人をもすくう
    手本は二宮金次郎

概要[編集]

1911年(明治44年)に刊行された『尋常小学唱歌 第二学年用』が初出。

二宮尊徳の人生をたたえる歌であるが、戦後は二宮の人生が必ずしも模範とされなくなったことから、次第に歌われなくなった。

関連項目[編集]