二宮神社 (船橋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二宮神社
Ninomiya-jinja (Funabashi) shaden.JPG
社殿
所在地 千葉県船橋市三山5丁目20-1
位置 北緯35度42分06.4秒
東経140度03分08.2秒
座標: 北緯35度42分06.4秒 東経140度03分08.2秒
主祭神 建速須佐之男命
櫛稲田比売命
大国主命
藤原時平
大雀命
誉田別命
社格 式内社(小)論社
(伝)下総国二宮
郷社
創建 弘仁年間(810年-824年
本殿の様式 権現造
別名 寒川神社
例祭 10月16日
主な神事 下総三山の七年祭り
テンプレートを表示
鳥居

二宮神社(にのみやじんじゃ)は、千葉県船橋市三山にある神社式内社論社で、下総国二宮と伝える。旧社格郷社

古くは「三山明神」「二宮明神」とも[1]

祭神[編集]

歴史[編集]

社伝によれば、弘仁年間(810年-824年)、嵯峨天皇の勅命により創建されたという[3]

平安時代中期の『延喜式神名帳には「下総国千葉郡 寒川神社」の記載があるが、当社はその論社とされている。また、下総国二宮として朝廷からの崇敬をうけたという(ただし旭市玉崎神社も二宮を称する)。二宮神社と呼ばれ始めた時期は不明であるが、乾元2年(1303年)銘の梵鐘(成田市祥鳳院蔵)に「総州二宮社壇」とあることから鎌倉時代にはすでにこの呼称があったことがわかる。

また、治承4年(1180年)に藤原師経が左遷された際、藤原時平が相殿に合祀されたという[3]。藤原時平は菅原道真の政敵であるため、天神の氏子は当社に参拝しなかったと伝わる[1]

三山氏が先祖代々神官を務めた。地名同様「三山」の名は古くは「御山」と見え、当社に起因する[4]

天正19年(1591年)には徳川家康から朱印地10石を与えられたほか[1]江戸幕府将軍からの寄進は幾度にも及んだ。安政5年(1858年)刊の『成田参詣記』では「三山明神社(みやまみょうじんやしろ)」の図の挿絵とともに紹介されている。

明治に入ると、近代社格制度において郷社に列した。また、明治43年に若宮八幡神社と元摂社・阿波八幡神社を合祀した。

古来より「注連下」(氏子の区域)は21・3ヶ村(現在の船橋市東部・北部、習志野市八千代市千葉市西部)にまたがる広大な地域に達し、現在でも例祭などで、その影響力を見ることができる。

境内[編集]

社殿[編集]

現在の社殿は安永年間(1772-81)に再建されたものである。本殿・拝殿とも屋根は銅板葺であるが、本殿は大正11年(1922年)10月に、拝殿は大正14年(1925年)に茅葺屋根から葺き替えられた。この社殿の平面形式は江戸時代に流行した権現造だが、拝殿から幣殿にいたる床面の高さは同じになるようになっている。また、組物及び腰組も当時の正規の宮大工の手法によって意匠と造作がなされている。昭和53年(1978年10月25日船橋市の有形文化財に指定された。

参道[編集]

参道

正面の鳥居から参拝すると参道はいったん低くなり、谷を横断して進むように作られている。なお、谷の底部には小川が流れており、その水脈は習志野市津田沼に鎮座している菊田神社境内にある池へとつながっているといわれている。谷底を直線に進むと石段をのぼりおわる頃に拝殿の向拝の唐破風が見えてくるようになっており、大きく雄大な唐破風の曲線、そして雄渾な彫刻をゆっくりと鑑賞できるようにと大工棟梁のデザインの工夫が凝らされている。

祭事[編集]

文化財[編集]

千葉県指定無形民俗文化財[編集]

船橋市指定文化財[編集]

  • 社殿(有形文化財(建造物)) - 平成4年2月27日指定。
  • 斎藤園女等奉納句額(有形文化財(歴史資料)) - 昭和55年10月23日指定。
  • 二宮神社神楽(無形民俗文化財) - 平成7年6月26日指定。
  • 二宮神社のイチョウ(天然記念物) - 平成24年3月30日指定。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『千葉県の地名』二宮神社項。
  2. ^ 祭神は神社由緒書に従って記載。
  3. ^ a b 神社由緒書。
  4. ^ 『千葉県の地名』三山村項。

現地情報[編集]

所在地

交通アクセス

  • 津田沼駅JR東日本総武本線)北口から
    • 京成バス(津02 二宮神社行)で終点「二宮神社」バス停下車 (乗車時間20分)
    • 船橋新京成バス(津08 二宮神社前行)で終点「二宮神社前」バス停下車 (乗車時間20分)
  • 薬園台駅新京成線)から
    • 徒歩(3分)で国道296号線の「薬園台駅入口」バス停から、船橋新京成バス(津08 二宮神社前行)で終点「二宮神社前」バス停下車 (乗車時間10分)
  • 京成大久保駅京成電鉄京成線)から
    • 徒歩(7分)で「東邦大学前」バス停から、京成バス(津02 二宮神社行)で終点「二宮神社」バス停下車 (乗車時間6分)
    京成大久保駅付近の京成バスは下り・上りで経路が異なる。下りの最寄りは「東邦大学前」バス停、上りの最寄りは「大久保十字路」バス停。

周辺

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 神社由緒書
  • 『日本歴史地名体系 千葉県の地名』(平凡社)船橋市 二宮神社項
  • 『絵はがき写真に残された明治~大正~昭和-』(船橋市郷土資料館、平成17年3月23日)
  • 『祝市制施行70周年~船橋の100年~』(郷土出版社、平成19年2月5日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]