二塩化ニオボセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二塩化ニオボセン
識別情報
CAS登録番号 12793-14-5
RTECS番号 QU0400000
特性
化学式 C10H1oCl2Nb
モル質量 294 g/mol
外観 茶色の固体
沸点

分解

への溶解度 不溶
他の溶媒への溶解度 わずかに塩化炭素類に溶ける
危険性
Rフレーズ R36/37/38
Sフレーズ S26, S36
関連する物質
関連物質 Cp2TiCl2
Cp2MoCl2

Cp2VCl2

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

二塩化ニオボセン(にえんかニオボセン、Niobocene dichloride)または、ジクロロビス(η5-シクロペンタジエニル)ニオブ(IV)(dichlorobis(η5-Cyclopentadienyl)niobium(IV))は、化学式が(C5H5)2NbCl2またはCp2NbCl2有機金属化合物である。常磁性の茶色の固体で、抗癌剤として調査中である[1]

この化合物は中心金属に結合した、2つのシクロペンタジエニルと2つの塩素によって疑似四面体をとる。類似化合物にCp2TiCl2などが知られている。

合成[編集]

二塩化ニオボセンは五塩化ニオブナトリウムシクロペンタジエニルからいくつかのステップによって合成される[2]

NbCl5 + 6 NaC5H5 → 5 NaCl + (C5H5)4Nb + organic products
(C5H5)4Nb + 2 HCl + 0.5 O2 → [{(C5H5)2NbCl}2O]Cl2 + 2 C5H6
2 HCl + [{(C5H5)2NbCl}2O]Cl2 + SnCl2 → 2 (C5H5)2NbCl2 + SnCl4 + H2O

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mokdsi, G.; Harding, M. M. (2001). “A1H NMR study of the Interaction of Antitumor Metallocenes with Glutathione”. Journal of Inorganic Biochemistry 86: 611–616. doi:10.1016/S0162-0134(01)00221-5. 
  2. ^ C. R. Lucas, J. A. Labinger, J. Schwartz (1990). Robert J. Angelici. ed. “Dichlorobis(η5-Cyclopentadienyl)Niobium(IV)”. Inorganic Syntheses 28: 267–270. doi:10.1002/9780470132593.ch68. ISBN 0-471-52619-3.