二和向台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二和向台駅
駅舎(2007年9月20日)(写真のデイリーヤマザキは閉店されており現在は整骨院が入っている。)
駅舎(2007年9月20日)
(写真のデイリーヤマザキは閉店されており現在は整骨院が入っている。)
ふたわむこうだい - Futawamukōdai
SL13 鎌ヶ谷大仏 (0.9km)
(0.8km) 三咲 SL15
所在地 千葉県船橋市二和東5丁目38番1号
駅番号 SL14
所属事業者 新京成電鉄
所属路線 ●SL 新京成線
キロ程 16.3km(松戸起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
18,245人/日
-2011年-
開業年月日 1949年昭和24年)3月16日

二和向台駅
配線図

鎌ヶ谷大仏駅

2 1


STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

三咲駅

駅ホーム

二和向台駅(ふたわむこうだいえき)は、千葉県船橋市二和東五丁目38番1号にある、新京成電鉄新京成線である。駅番号SL14

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の構造である。松戸寄りに地平駅舎を持ち、上下ホームは跨線橋で結ばれている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 ●SL 新京成線 下り 三咲北習志野新津田沼京成津田沼●KS 京成線方面
2 上り 鎌ヶ谷大仏新鎌ヶ谷八柱松戸方面

利用状況[編集]

2012年度の1日の平均乗降人員は18,147人であり、新京成線内では第10位である。

近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。

年度 一日平均
乗車人員
2007年 9,593 [1]
2008年 9,592 [2]
2009年 9,449 [3]
2010年 9,344 [4]
2011年 9,264 [5]

駅周辺[編集]

二和は、明治新政府の手により「小金牧」(千葉県北西部の一部)に行われた開墾地であり、開墾順序に合わせて数の入った地名が付けられた。新京成電鉄では他に初富駅三咲駅五香駅がある。現在では通勤者の住宅が多い一方で農業も行われている。なお両隣駅(鎌ヶ谷大仏駅・三咲駅)までは1キロメートルなく比較的近い。コンビニエンスストアは駅前に2店ある。

駅北[編集]

駅南[編集]

路線バス[編集]

駅近辺を走る千葉県道57号線上に「二和向台駅入口」停留所(船橋新京成バス)があり、以下の路線が乗り入れているが、隣駅の鎌ヶ谷大仏をターミナルとし、当駅付近では路線が鉄道に並行しており、乗り換えの利点は薄い。

  • 船09:鎌ヶ谷大仏 - 二和向台駅入口 - 三咲駅 - 金杉中央 - 夏見台団地 - 船橋駅北口
  • 船33:鎌ヶ谷大仏 - 二和向台駅入口 - 三咲駅 - 金杉中央 - 北谷津川 - 船橋駅北口
  • 習02:鎌ヶ谷大仏 - 二和向台駅入口 - 古和釜十字路 - 東警察署前 - 北習志野駅

なお、2011年7月4日から2012年3月まで、駅前の「二和向台駅」停留所と八木ヶ谷地区を結ぶバスの実証実験が船橋新京成バスによって行われており、2013年4月1日からは循環線で現在も定期運行されている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

新京成電鉄
●SL 新京成線
鎌ヶ谷大仏駅 (SL13) - 二和向台駅 (SL14) - 三咲駅 (SL15)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]