二人でお茶を

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

二人でお茶を(ふたりでおちゃを, 英語: Tea for Two)は、ポピュラー音楽の作曲家ヴィンセント・ユーマンスの代表作の一つであり、それにちなんで制作された映画およびアルバムの題名である。以下の例が名高い。

  1. 二人でお茶を_(曲)は、ヴィンセント・ユーマンスのヒット・ソング。アーヴィン・シーザーが作詞した。元々はミュージカルノー・ノー・ナネット』(1925年)の挿入歌であった。現在はジャズスタンダードとして知られ、商業的にも利用されている。
  2. 二人でお茶を_(映画)は、ミュージカル『ノー・ノー・ナネット』を原作とする1950年のミュージカル映画。ドリス・デイがヒロインを演じ、かつ1.などを歌った。
  3. 二人でお茶を_(アルバム)は、2.のサウンドトラックとして制作・発表されたドリス・デイアルバム1950年)。