乳房雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
乳房雲
乳房雲
略記号 mam
副変種 乳房雲
高度 地上付近~約15,000 m
特徴 こぶ状、雲から下に膨らむ
降水の有無 あり
テンプレートを表示

乳房雲(ちぶさぐも、にゅうぼうぐも、英:Mammatus、ラテン語学術名:Mamma)とは、雲底からこぶ状の雲がいくつも垂れ下がっている状態のこと。その形は乳房などとも形容される。巻雲巻積雲高積雲高層雲層積雲積乱雲に現れる。

学術名の"Mamma"はラテン語で「乳房、胸」を意味し、これにちなんで名づけられた。

雲底で下降気流渦流が発生しているとき発生する雲。積乱雲の場合、雲の中に大量の雨粒や雪・氷の粒が蓄えられているようなときに、乱流を伴った下降気流が生じることがある。雲の中の気流は多数の乱流()を持った下降気流、雲の下の気流は上昇気流または雲の中よりも弱い下降気流であるため、雲の底面付近で気流の衝突が起こる。すると、雲の中の乱流がこぶ状の雲となって現れる。積乱雲やそれに付随する雲で見られることが多いが、それ以外の雲でも、乱流のあるときに現れることがある。

乳房雲の出現は強い下降気流の発生を示唆しており、下降気流に伴って降る大雨やに注意が必要である。また、はっきりとしたこぶが現れた場合は激しい気流の渦が発生していることが考えられ、上空では乱気流、地上近くでは竜巻が発生する恐れがある。ただ、上空高い所の乳房雲(巻雲や巻積雲など)は乱流が原因といってもその影響が地上にまで及ぶことは考えにくく、地上の竜巻よりも上空の乱気流への警戒が必要である。

積乱雲など、特に上空の低い所に現れる乳房雲は、アメリカでは竜巻の前兆として広く知られている。

出典[編集]

関連項目[編集]