乞伏暮末

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
乞伏暮末
西秦
第4代王
王朝 西秦
在位期間 428年 - 431年
姓・諱 乞伏暮末
生年 不詳
没年 431年
乞伏乾帰(次子)
年号 永弘 : 428年 - 431年

乞伏 暮末(きつぶく ぼまつ)は五胡十六国時代西秦の第4代王。

建弘9年(428年)に熾磐の薨去により秦王の地位を継承、永弘と改元した。史書によれば在位期間中はほしいままに死刑を行い民心が離反したと伝える。永弘3年(430年)、北涼勢力の強大化に圧迫された暮末は北魏への帰順を画策するがに阻止されている。

永弘4年(431年)、夏による西秦都城南安の攻撃が行われると暮末は降伏、ここに西秦は滅亡した。暮末は間もなく夏の赫連定により殺害されている。

先代:
乞伏熾磐
西秦
第4代:428年 - 431年
次代: