九重森林公園スキー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
九重森林公園スキー場
所在地 大分県玖珠郡九重町大字湯坪612-1
標高 1,330 m / 1,150 m
(標高差) (180m)
コース数 5本
コース面積 10ha
最長滑走距離 1,400m
最大傾斜 25
索道数 3 本
公式サイト http://www.kujyuski.co.jp/

九重森林公園スキー場(くじゅうしんりんこうえんスキーじょう)は、大分県玖珠郡九重町にあるゲレンデ総延長2,500mの九州最大のスキー場である[1]九重スキー場とも呼ばれる。

概要[編集]

広さ約10haのゲレンデに、総延長2,500mの5つのスキーコースとスノーボード用のボードパークを有している。1996年12月20日にオープンした。本州以北のスキー場と比較すれば小規模であるものの、九州では最大のスキー場である。また、大分県で唯一のスキー場でもある。ゲレンデからは、九重連山阿蘇山の眺望が楽しめる。

南国のスキー場ではあるが、標高約1,300mの高さに位置するとともに、人工降雪機を備えており、例年、12月中旬頃にオープンする。滑走は3月末頃まで可能。雪質は、ややザラメ状。

近隣には、筋湯温泉をはじめとする九重九湯があり、宿泊や日帰り客の立ち寄り湯に利用されている。

4月から11月の期間は九重森林公園として営業しており、5月にはシャクナゲ、6月にはミヤマキリシマ等の花々が咲く。

コース概要[編集]

  • ファミリーゲレンデ(第1ゲレンデ)

初級者用。最大斜度12度、全長約700m。

  • チャレンジゲレンデ(第2ゲレンデ)

上級者用。最大斜度25度、全長約400m。

  • トライアルゲレンデ(第3ゲレンデ)

上・中級者用。最大斜度20度、全長約400m。

  • レッスンゲレンデ(第4ゲレンデ)

初心者用。最大斜度10度、全長約400m。

  • パノラマゲレンデ(第5ゲレンデ)

上・中級者用。最大斜度22度、全長約600m。2006年に新設された。

  • パーク

スノーボード中心に作られた。レール、ボックス、ワンメイクジャンプなどかあり、充実した内容となっている。

  • 仲良し広場

幼児向けのソリ雪遊び専用広場。コースから離れているので安心してて遊べる。

  • 林間コース

積雪量の多い日のみ営業。林の中を爽快に滑れる。

施設[編集]

駐車場
1,500台(無料)
レストラン
450人収容可能。休憩時間、小腹が空いた時にピッタリ。美味しい料理が楽しめる。

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]