九怨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
九怨
ジャンル 怪談アクション
対応機種 プレイステーション2
開発元 フロム・ソフトウェア
人数 一人
メディア ビデオゲーム
発売日 2004年4月1日
対象年齢 CERO C
コンテンツ
アイコン
暴力、恐怖、犯罪、言葉・その他
必要環境 Memory:111KB
テンプレートを表示

九怨』(くおん)とは、2004年4月1日フロム・ソフトウェアから発売されたプレイステーション2アクションゲーム平安時代陰陽師をテーマに扱っている。同年12月に北米でも「Kuon」のタイトルで発売された。

概要[編集]

主人公2人が、それぞれの目的のもと、魑魅魍魎の蔓延る藤原頼近屋敷を訪れる。本作の目的は、この屋敷の謎を2人の主人公を使って究明することである。

ゲームの進行[編集]

プレイヤーは陰陽術を使うキャラクターとなり、敵の徘徊する屋敷内で呪符(式神)の力を駆使して目標を遂行してゆく。プレイヤーはまず「陰の章」の主人公となり、そのクリア後に「陽の章」へと続いてゆく。実際のゲーム画面は第三者視点のアクションゲームで、ステージの各所に配置されたセーブポイントで進行状態を保存する。保存には有限数のアイテムが必要な使用で、システム全体にバイオハザードとの、ストーリーの一部には零~紅い蝶~との共通点が散見される。隠しキャラを含めて複数の主人公が存在するが、呪符の力で敵を撃退するプレイスタイルは共通している。

登場人物[編集]

操作可能なキャラクター[編集]

咲耶(さくや)
声:浅野るり
「陽の章」の主人公。代々陰陽師の家系である賀茂家に生まれ、本人もその才能に恵まれる。しかし女性であることを理由に、陰陽師を継ぐことを家族に反対され、蘆屋道満の弟子となった。若く強い意志を持つ女性であり、心優しい性格。戦闘では符(呪符・式符)を中心に扇も使う。なお彼女の出身である賀茂氏は実在の陰陽師の家系として知られている。詳しくは賀茂氏を参照。
浮月(うづき)
声:久川綾
「陰の章」の主人公。姉妹揃って着ている赤い服が印象的。手紙を残して消息を絶った父を捜すために頼近の屋敷を訪れるが、それまでは外の世界に出たことが無かった。かつて姉に怪我を負わせたことに罪悪感を抱いている。戦闘では符(呪符・式符)以外に小刀を使うが、攻撃範囲は狭い。
安部晴明(あべのせいめい)
声:米本千珠
稀代の陰陽師で、驚異的な呪術力を持つ。藤原頼近邸の惨禍を収めるべく、弟子を伴い登場。本作では聡明な女性キャラクターとして扱われている。最終章の「九怨の章」で使用可能。歴史上実在の人物。

重要人物[編集]

暮葉(くれは)
声:高森奈緒
浮月の姉。痩せ細っていることを除けば平安時代の貴族の女性を思わせるような風貌(髪形や眉の形)をしている。病弱で、妹と同様山奥の神社に籠りきりである。陰の章で最初に浮月と共に屋敷を訪れるが、何かに引き寄せられるかのように屋敷の奥へと姿を消してしまう。
蘆屋道満(あしおどうまん)
声:有本欽隆
咲耶たちの師であり、浮月と暮葉の父。稀代の民間陰陽師として名を馳せる。歴史上実在の人物。

その他のキャラクター[編集]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]