九度山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
九度山駅
駅舎(2008年9月13日)
駅舎(2008年9月13日)
くどやま - KUDOYAMA
学文路 (1.8km)
(2.0km) 高野下
所在地 和歌山県伊都郡九度山町大字九度山123番地2
駅番号 NK80
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 高野線
キロ程 52.2km(汐見橋起点)
難波から51.5km
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
707人/日
-2012年-
開業年月日 1924年大正13年)12月25日
備考 無人駅
駅舎とホームの連絡用傘(2007年4月19日)
駅前風景

九度山駅(くどやまえき)は、和歌山県伊都郡九度山町にある、南海電気鉄道高野線。高野線はこのあたりから終点極楽橋駅まで本格的な勾配区間となる。

駅構造[編集]

交換設備を備えた相対式2面2線のホームを持つ駅である。ホーム有効長は2扉車4両。駅舎は難波方面ホーム側の難波駅寄りに建てられており、反対側の高野山方面ホームへは構内踏切で連絡している。なお、のりば番号は設定されていない。また、何れのホームの待合所へ行く際も一旦屋根のない部分に出なければならないため、雨天時の連絡用に傘が用意されている。

難波駅側には保線基地があり、常時保線車両が留置されている。また、難波駅側にのみ安全側線が設置されている。

自動券売機PiTaPaICOCA対応の自動改札機があるが、のりこし精算機はなく、精算の際は駅係員が対応する。また、当駅窓口での定期券の購入はできない。

「こうや花鉄道」プロジェクトの一環として、2009年平成21年)11月14日、橋本方面ホームに「九度山真田花壇」が設置された。木材には和歌山県で育った紀州材を使い、また、「真田幸村ゆかりの地・九度山」にちなんで、「真田幸村と十勇士」のイラストが配された。これに併せて、当駅の駅名標も「こうや花鉄道」独自のものに更新された[1]

九度山駅 駅名標
のりば
(駅舎側) 高野線(上り) 橋本なんば方面
(反対側) 高野線(下り) 高野山方面

※案内上ののりば番号は設定されていない。

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は707人[2]で、南海の駅(100駅)では77位[2]、高野線(難波-極楽橋間の42駅)では32位[2]である。

九度山町民に留まらず、橋本市(旧高野口町域)民やかつらぎ町民からの利用客も多い。これは、難波方面へ出る場合、JR和歌山線を利用して橋本駅で高野線に乗り換える場合よりも運賃が安く、加えて着席乗車の確率が上がることなどが要因として挙げられる。しかし、ズームカー増解結三日市町駅から橋本駅への変更、同駅始発列車の増発、さらには同駅での急行の系統分割運転開始に伴い、同駅からの着席乗車が容易になったため、後者のメリットは薄れつつある。

各年度の1日平均乗降人員数は下表のとおり。

年度 乗降人員 順位 出典
1985年(昭和60年) 2,742 - [3]
1990年(平成 2年) 2,622 - [3]
1995年(平成 7年) 2,243 - [3]
2000年(平成12年) 1,621 - [3]
2001年(平成13年) 1,450 - [3]
2002年(平成14年) 1,401 - [3]
2003年(平成15年) 1,355 - [3]
2004年(平成16年) 1,251 74位 [3]
2005年(平成17年) 1,127 - [3]
2006年(平成18年) 1,037 - [3]
2007年(平成19年) 938 - [3]
2008年(平成20年) 883 - [3]
2009年(平成21年) 828 - [3]
2010年(平成22年) 771 - [3]
2011年(平成23年) 723 76位 [2]

駅周辺[編集]

九度山町役場が西方にある。真田庵慈尊院は駅から北西方向。

歴史[編集]

  • 1924年大正13年)12月25日 - 南海鉄道が学文路駅から延伸した際の新たな終着駅として開業。
  • 1925年(大正14年)7月30日 - 当駅 - 高野山駅(現・高野下駅)延伸により、途中駅となる。
  • 1944年昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 終日無人駅化。

隣の駅[編集]

南海電気鉄道
高野線
観光列車「天空」停車駅
快速急行・急行・各駅停車
学文路駅 (NK79) - 九度山駅 (NK80) - 高野下駅 (NK81)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]