乙女人車軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

乙女人車軌道(おとめじんしゃきどう)とは、栃木県下都賀郡間々田村(現・小山市)にあった東北線間々田駅と、思川乙女河岸を結んだ個人が建設した貨物専用の人車軌道である。当初目論んだ栃木県北から東京への河川併用の低コスト貨物輸送も、間々田駅、乙女河岸での2度の積み換えが予想外に手間取ったことと、思川の度重なる河川改修により思惑通りに進まなかった。後に需要が高まっていた思川の砂利輸送に命運を託すが、貨車不足で一日あたり東北本線の貨車1、2両程度の輸送量に過ぎず廃止に至った。

路線データ[編集]

※運行停止時点

  • 路線距離:間々田駅 - 乙女河岸 約1.6km
  • 軌間:610mm(2フィート)
  • 駅数:2駅(起終点含む)
  • 電化区間:なし(全線非電化)

運行形態[編集]

貨物輸送が主力で貨車10両、客車無し

歴史[編集]

  • 1899年(明治32年)2月13日 - 加藤忠吉に対し軌道敷設特許状下付[1]
  • 1899年(明治32年)4月14日 - 開業。
  • 1901年(明治34年)1月14日 - 森岡真に譲渡[1]
  • 1912年(明治45年)4月2日 - 乙女砂利専用鉄道合資会社[2]に譲渡許可[1]
  • 1916年(大正5年)2月2日 - 大正砂利株式会社に譲渡許可[1]
  • 1917年(大正6年)6月26日 - 軌道特許失効(官報掲載)[1]

駅一覧[編集]

※運行停止時点

間々田駅(ままだえき) - 乙女河岸(おとめかし)

接続路線[編集]

営業当時は「宇都宮線」の愛称は無い。

輸送・収支実績・車両数[編集]

年度 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 益金(円) その他益金(円) その他損金(円) 貨車
1908 69,514 16,792 14,292 2,500 30
1909 65,000 16,256 14,456 1,800 30
1910 29,360 9,117 7,818 1,299 30
1911 5,261 ▲ 5,261 砂利販売6,627 30
1912 84 12,354 ▲ 12,270 砂利販売22,261 砂利採取費5,486臨時災害費500 30
1913 8,674 ▲ 8,674 砂利販売9,210 15
1914 3,618 ▲ 3,618 砂利販売3,703 臨時災害費85 30
1915 2,350 ▲ 2,350 2,350 30
1916 1,914 ▲ 1,914 砂利益金1,914 10
  • 鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料各年度版

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「軌道特許失効」『官報』1917年6月26日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第21回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]