乙女よ嘆くな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
乙女よ嘆くな
Alice Adams
監督 ジョージ・スティーヴンス
脚本 ドロシー・ヨスト
モーティマー・オフナー
ジェーン・マーフィン
原作 ブース・ターキントン
製作 パンドロ・S・バーマン
出演者 キャサリン・ヘプバーン
フレッド・マクマレイ
音楽 ロイ・ウェッブ
撮影 ロバート・デ・グラス
編集 ジェーン・ローリング
製作会社 RKO
配給 RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1935年8月15日(ニューヨーク、プレミア上映)
日本の旗 1936年3月
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

乙女よ嘆くな』(おとめよなげくな、原題・英語: Alice Adams)は、1935年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

1923年に映画化された[1]ブース・ターキントンの小説の再映画化であり、ジョージ・スティーヴンスが監督、キャサリン・ヘプバーンが主演している。

ヘプバーンは『勝利の朝』に続く2度目のアカデミー主演女優賞ノミネーションを受けた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョージ・スティーヴンス
  • 製作:パンドロ・S・バーマン
  • 脚色:ドロシー・ヨスト、モーティマー・オフナー、ジェーン・マーフィン
  • 音楽:ロイ・ウェッブ
  • 撮影:ロバート・デ・グラス
  • 編集:ジェーン・ローリング(ノンクレジット)
  • 美術:ヴァン・ネスト・ポルグレイズ
  • 衣裳:ウォルター・プランケット

アカデミー賞ノミネーション[編集]

参考資料[編集]

  • アン・エドワーズ『キャサリン・ヘプバーン』(文藝春秋)
  • キャサリン・ヘプバーン『Me キャサリン・ヘプバーン自伝』(文藝春秋)

[編集]

外部リンク[編集]