久米田寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
久米田寺
Kurumeji2.jpg
大門(手前)と金堂(奥)
所在地 大阪府岸和田市池尻町934
位置 北緯34度27分33.8秒 東経135度24分42.3秒 / 北緯34.459389度 東経135.411750度 / 34.459389; 135.411750座標: 北緯34度27分33.8秒 東経135度24分42.3秒 / 北緯34.459389度 東経135.411750度 / 34.459389; 135.411750
山号 龍臥山
院号 隆池院
宗派 高野山真言宗
本尊 釈迦如来
創建年 天平6年(734年
開基 行基
中興年 永保2年(1674年
正式名 竜臥山久米田寺
別称 隆池院
札所等 和泉西国三十三所観音霊場 第23番札所
文化財 星曼荼羅図、仁王会曼荼羅、楠家文書、久米田寺文書等多数
テンプレートを表示

久米田寺(くめだでら)は、大阪府岸和田市にある高野山真言宗の寺院。山号は龍臥山(りゅうがさん)。院号は隆池院。本尊は釈迦如来

沿革[編集]

この寺は、行基が開削指導したため池である久米田池を維持管理するため天平10年(738年)行基によって創建されたと伝えられる。当時の寺域の古記によると、

東は角河の流れ、春木の峯ならびに上の津川の東峯、七層の峯を限り、南は葛城の横峯、西は松村の登路ならびに延年ヶ峯・八坂切上を、そして北は熊野詣大通を限りに、この四至内の田畑地利を挙げて仏聖の灯油重僧のころ依怙となさしむ

とあるのでかなりの規模であったと推察できる。

平安時代になると奈良興福寺一条院の支配下であった。平安時代後期、承久の乱により武士が乱入し荒廃した。鎌倉時代に入り安東蓮聖によって再興された。室町時代になると足利尊氏直義兄弟により全国に設けられた安国寺のひとつに指定された。南北朝時代に入ると応仁の乱で当寺も寺領を脅す事も多かったが、南北朝時代の歴代天皇皇族の帰依も深く、楠木正成とも密接で手厚い保護が与えられた。戦国時代久米田の戦いや、安土桃山時代織田信長高屋城の戦いの兵火等によりほぼ焼失したが、永保2年(1674年)には復興した。桜の季節には花見の名所となる。

久米田池[編集]

久米田池
Kurumeji15.jpg
久米田池/久米田寺の大門から撮影
面積 46.5 km2
成因 灌漑用
淡水・汽水 淡水
テンプレートを表示

当寺院の目の前には、久米田池という大阪府最大の水面積のため池があり2010年(平成22年)3月25日農林水産省ため池百選に選定された[1]

この地域は水に乏しかったため、聖武天皇が行基に命じ、神亀2年(725年)から天平10年(738年)にわたる14年という歳月をかけてこの池を竣工し聖武天皇が当寺院に対して維持管理を命じ、院号を「隆池院」にしたと言われている。

また、この池を指して、「籠田(込田)」(田に籠めるもの = 水)と呼んだことから、のちに「久米田」に転じたとする説がある。

池には、年間100種類以上の野鳥が訪れまた、絶滅危惧種カワチブナ[2]の養殖も行われている。

文化財[編集]

  • 重要文化財
    • 久米田寺文書-16通
    • 楠家文書-7通
    • 大塔宮令旨-5通
    • 北畠覚空書状-1通
    • 絹本著色星曼荼羅-縦165.2cm横133.0cm(平安時代)
    • 絹本著色仁王会曼荼羅-(鎌倉時代)

寺堂ギャラリー[編集]

その他[編集]

  • 岸和田十月祭礼の際、久米田池を開削した行基への感謝の意をこめて、八木地区の全町と山直地区の田治米町・今木町の計13台の地車が境内に乗り入れ、行基堂前に集合する。(行基参り)
  • 当寺院の西側のには久米田古墳群がある。この中に貝吹山古墳があり、久米田の戦いで三好義賢貝吹山城の城郭として使用していたことが発掘調査から確認されており、当寺院も城郭の一部として使用されていたのではないかと思われている。また、この貝吹山古墳は「橘諸兄塚」とも呼ばれ、さらに、聖武天皇皇后にして橘諸兄の異父妹にあたる光明皇后に関連する「光明皇后塚(光明塚古墳)」も存在する。

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 『久米田池郷の歴史』
  • 『久米田寺』久米田寺

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 久米田池 - 農林水産省 - ため池百選
  2. ^ 淡水魚図鑑(在来種) - ゲンゴロウブナ(カワチブナ) 大阪府立環境農林水産総合研究所

外部リンク[編集]