久米川の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
久米川古戦場碑

久米川の戦い(くめがわのたたかい)は、鎌倉時代後期の元弘3年(1333年5月12日に、武蔵国久米川(現在の東京都東村山市諏訪町)において、桜田貞国率いる鎌倉幕府勢と新田義貞率いる反幕府勢との間で行われた合戦である。

背景[編集]

元弘3年(1333年)5月、新田義貞上野国生品明神鎌倉幕府打倒の兵を挙げた。新田軍は一族や周辺豪族を集めて兵を増やしつつ、利根川を越えて武蔵国へ進む。利根川を越えた時点で足利高氏(後に尊氏)の嫡子千寿王(後に足利義詮)が合流。外様御家人最有力者足利高氏の嫡男が加わったことにより、武蔵七党河越氏ら周辺の御家人も加わり、新田軍は数万規模に膨れ上がったと言われる。

さらに新田軍は鎌倉街道沿いに南下し、入間川を渡る。迎撃に来た桜田貞国率いる鎌倉幕府軍を5月11日小手指原の戦いで撃破。幕府軍は久米川(現在の柳瀬川)で新田軍の南下を食い止めるべく、久米川の南岸(現在の東京都東村山市諏訪町)で迎え出た。

経過[編集]

将軍塚

小手指原で勝利した新田軍は、そのままの勢いで八国山に陣を張り、ここから指揮をとり麓の幕府軍への攻撃を開始した。現在、この陣の跡地は将軍塚と呼ばれている。小手指原で敗れた幕府軍にはもはや勢いはなく、戦いは終始新田軍優勢に進み、幕府軍は多摩川の分倍河原(現在の東京都府中市)にまで撤退した。

影響[編集]

鎌倉幕府は小手指原・久米川の敗報に接し、新田軍を迎え撃つべく、北条高時の弟北条泰家を大将とする10万の軍勢を派遣、分倍河原にて桜田貞国の軍勢と合流して合戦となった(分倍河原の戦い)。

関連項目[編集]