久尓辛王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
久尓辛王
Baekje-monarchs(14-20).PNG
各種表記
ハングル 구이신왕
漢字 久爾辛王
発音 クイシンワン
日本語読み: くにしんおう
ローマ字 Guisin-wang
テンプレートを表示

久尓辛王(くにしんおう、生年不詳 - 427年)は百済の第19代の王(在位:420年 - 427年)であり、先代の腆支王の長男。『三国史記』はは伝えておらず、420年3月に先王の死去に伴い即位したこと、427年12月に死去したことを伝えるのみで、治績記事は残っていない。

宋書』百済伝では、太祖元嘉2年(425年)に百済王に対して年々の忠節を顕彰したことと、その後毎年朝貢してきたことを記す。ただ、元嘉7年(430年)に「余(徐)毗有王)に余映(徐映)(腆支王)の爵号の継承を許した」とあるので、宋の側では久尓辛王を認識していなかったと思われる。

日本書紀』によれば、応神天皇25年(294年→414年)に即位。王が若かったので木羅斤資(もくらこんし)の子木満致(もくまんち)が国政を行ったとある。この木満致を蘇我氏の祖先蘇我満智とする説があるが、類推の域を出ない。また、木羅斤資を百済の将とするが、倭国が派遣した将軍(倭人)とも任那系とも考えられ不明な点が多い。

参考文献[編集]