主知主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

主知主義(しゅちしゅぎ、: intellectualism)とは、人間の精神)を「知性理性(理知)」「意志・気概」「感情欲望」に三分割する見方[1]の中で、知性・理性の働きを(意志や感情よりも)重視する哲学神学心理学文学上の立場のこと。知性主義とも。「合理主義理性主義」(: rationalism)と類似した概念だが、理性そのものよりも、獲得が目指される「知識」「知性」の方に、より重きをおいた表現となっている。意志の働きを重視する主意主義: voluntarism)や、感情の働きを重視する主情主義: emotionalism)と対置される。

ただし、これはあくまでも相対的な立ち位置を表現するものであって、そこに絶対的な基準は無く、「何(どのような思想的立ち位置の人・集団)と対比されるか」に、その位置付けが依存していることに注意が必要。

歴史[編集]

古代[編集]

古代において主知主義の嚆矢として挙げられるのは、古代ギリシア哲学者ソフィスト達だが、中でもとりわけ、ソクラテスが(ソフィスト達との対比においては)「」などに対する執拗な問答・理知的探求が際立っているので、特筆される。プラトンの対話篇『プロタゴラス』等に見られる、「徳は知識である」「悪は無知によって生じる」といった主張も、ソクラテスが主知主義の嚆矢として言及される理由となっている。

他には、アリストテレス逍遙学派)や、ストア派などが、他の学派との対比の中で、主知主義的な立場として言及される。

中世[編集]

中世のキリスト教神学においては、トマス・アクィナスが、(主意主義として言及されるアウグスティヌスドゥンス・スコトゥス等との対比において)主知主義として言及される。

近代[編集]

近代の哲学においては、大陸合理論の内、スピノザライプニッツなどが、(主意主義として言及されるデカルト、あるいはカントシェリングショーペンハウアー等との対比において)主知主義として言及される[2]

脚注・出典[編集]

  1. ^ プラトンの中期対話篇『国家』『パイドロス』等に見られる「魂の三分説」が典型。
  2. ^ 主意主義とは - 世界大百科事典/コトバンク

関連項目[編集]