主人在宅ストレス症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

主人在宅ストレス症候群(しゅじんざいたくストレスしょうこうぐん)は、夫が1日中在宅するようになることで、妻が病気に掛かってしまう病気の一種。

因子[編集]

仕事一筋・無趣味だった夫が定年退職するなどして仕事がなくなり、その結果1日中在宅するようになって、妻を束縛すると、大変なストレスを感じるようになることが多い。特に団塊の世代が定年退職する2007年以降には深刻化すると言われている。長年、平日日中は主婦一人あるいは気心の知れた近所の来客との雑談といった生活が普通であった。しかし、夫の定年退職後は昼夜を分かたず束縛されて多くの病気を発症する。また、若い世代でもリストラされた夫がずっと家にいて妻を束縛する場合もある。

症状[編集]

胃潰瘍、高血圧などの身体症状のみならず、過敏性腸症候群や過換気症候群などの心身症、うつ状態やパニック障害など心理的色彩の濃いものまで様々な症状を示す。 投薬やカウンセリング及び夫婦関係の調整などが大切である。

外部リンク[編集]