丸山茂徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
丸山 茂徳
(まるやま しげのり)
人物情報
生誕 1949年12月24日(65歳)
日本の旗 日本 徳島県阿南市加茂町
出身校 徳島大学(学部)
金沢大学(修士課程)
名古屋大学(博士課程)
学問
研究分野 地質学地球惑星科学
研究機関 富山大学
東京大学
東京工業大学
主な業績 プルームテクトニクスの提唱
主な受賞歴 紫綬褒章(2006年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

丸山 茂徳(まるやま しげのり、1949年12月24日 - )は、プルームテクトニクスを提唱した日本地質学者東京工業大学地球生命研究所特命教授東京大学教養学部助教授、東京工業大学大学院理工学研究科教授、スタンフォード大学アラン・コックス基金招待教授等を歴任。アメリカ科学振興協会フェロー。2006年紫綬褒章受章。2014年日本人として4人目のアメリカ地質学会名誉フェローに選出された。

略歴・人物[編集]

徳島県阿南市加茂町農家に生まれ、大自然の中で幼少期を過ごす。6歳で父が死去したため、農作業に従事しながら学校に通う。徳島県立富岡西高等学校を経て、1972年徳島大学教育学部中学校教員養成課程卒業。母は、教諭になることを希望していたが、高度経済成長期であったことから就職する必要が低くなり、大学院に進学。金沢大学大学院修士課程を経て1977年名古屋大学大学院理学研究科地球科学専攻博士課程修了。1980年名古屋大学理学博士(「四国中央部高知市北方の黒瀬川メランジ帯における蛇紋岩の造構論的意義」)。1981年から文部教官富山大学助手。1981年から1990年まで米スタンフォード大学客員研究員を兼任し、日本の地質研究のみならず大陸移動などの研究も開始。1989年より東京大学教養学部助教授1993年より東京工業大学理学部地球惑星科学科教授、のち大学院理工学研究科地球惑星科学専攻教授。2000年アリゾナ大学招聘研究員及びミネソタ大学招聘研究員、2000年から2003年までスタンフォード大学アラン・コックス基金招待教授、同客員教授併任。2013年より東京工業大学地球生命研究所教授/主任研究員。2015年東京工業大学を定年退職し、東京工業大学地球生命研究所特命教授に就任。放送大学教養学部客員教授も務める[1][2][3]

地球の表面に存在するプレート(厚さ約100km)の変動(テクトニクス)を扱うプレートテクトニクスに対し、深さ2,900kmに達するマントル全体の動き(対流運動)を仮説し、これらの運動をプルームテクトニクスと命名し、1994年に発表、当時の地質学界に衝撃を与えた。

2014年カザフスタン共和国で発見された新鉱物丸山電気石(maruyamaite)と命名された[4][5][6][7]

プレートテクトニクスに関する業績[編集]

学術的業績は地殻に関するものが多く[8]、最も被引用数が多いのは数千万年前の日本[9]やフィリピン海[10]の地殻変動に関する論文である。

プルームテクトニクスの初出は1993年朝日新聞紙上であるが、論文としては1994年の『Journal of the Geological Society of Japan』誌上。丸山がプルームテクトニクスの直接的な発想を得たのは、知人の地震学者である深尾良夫を名古屋大学に訪ねた時である。深尾は内部マントルの温度分布を p-wave Tomography を使って調べており、その当時の最新データを丸山に見せた。丸山はそれをマントルが熱対流している証拠であると考えたのである。プレートテクトニクスの不完全性は丸山以前から知られていた。

元々は変成岩岩石学を専門に地質学の研究を行っていたが、次第に学際的な研究に興味を移し、近年は惑星地殻変動生物進化の歴史を関連付ける試みを行っている。

地球温暖化に関する主張[編集]

専門分野ではないが、地球温暖化に関する主張(IPCC第4次評価報告書等)に対して否定的な意見を持っており、いくつかの著書を出したり、温暖化を肯定する研究者と討論を行ったり等といった活動をしている。

著書(下記)等において、例えば下記のような考えに基づき、地球温暖化に関し否定的な主張を行っている。

ただしこうした主張の根拠として、インパクトファクターが付与されるような丸山自身の論文が示されている訳ではない。また江守正多ら、当該分野の専門家によって反論も行われている[11][12]

主な受賞歴[編集]

著書[編集]

共編著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「2015年春、退職教員インタビュー」
  2. ^ 「東京工業大学大学院教授・丸山茂徳さん(57)加茂町出身/東京都在住」
  3. ^ 「丸山 茂徳 先生」
  4. ^ Lussier, A.; et al. (2014). "Maruyamaite, IMA 2013-123. CNMNC Newsletter No. 20, June 2014, page 550". Mineralogical Magazine (The Mineralogical Society) 78 (3): 549–558. doi:10.1180/minmag.2014.078.3.05. ISSN 0026-461X. 
  5. ^ 早稲田大学 (2014年8月25日). “新鉱物発見、maruyamaite(丸山電気石)と命名 世界初、ダイヤモンドと共存し、カリウムを多量に含む特殊な電気石”. プレスリリース. 2014年8月27日閲覧。
  6. ^ 東京工業大学 (2014年8月25日). “新鉱物発見、maruyamaite(丸山電気石)と命名 ―世界初、ダイヤモンドと共存し、カリウムを多量に含む特殊な電気石―”. 東工大ニュース. 2014年8月27日閲覧。
  7. ^ Maruyamaite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=46075 2014年8月27日閲覧。  (英語)
  8. ^ ISI Web of Science および google scholarにて確認、2010年11月
  9. ^ Island Arc Volume 6, Issue 1, pages 121–142, March 1997
  10. ^ Tectonophysics Volume 102, Issues 1-4, 20 February 1984, Pages 53-84
  11. ^ 明日香壽川ほか 『地球温暖化懐疑論批判』 東京大学〈IR3S/TIGS叢書〉、2009年全国書誌番号:21670119OCLC 471769096
  12. ^ 国立環境研究所地球環境研究センター (2014年7月1日). “ココが知りたい地球温暖化”. CGER eco倶楽部. 2014年8月27日閲覧。
  13. ^ 「Joseph Kirschvink教授と丸山茂徳教授が日本地球惑星科学連合フェローに選出されました。 」
  14. ^ 「丸山 茂徳教授がGSA Honorary Fellowに選出されました 」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]