丸太町通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
丸太町通(柳馬場通との交差点から東方向を望む)。北側(画面左)は京都御苑
丸太町通(京都御苑堺町御門付近から西側を撮影)
京都地裁、京都市中京区

丸太町通(まるたまちどおり[1])は京都市の主要な東西の通りの一つで、平安京の春日小路に当たり[2]、現在の京都御所京都御苑)の南端を走る。この通り沿いの西堀川に材木商が多かったため、この名がついたと言われている。江戸時代地図を見ると「丸田町通」と表記されていることもある。

東は鹿ヶ谷通から西は右京区嵯峨釈迦堂大門町まで延びている。全区間京都市道187号鹿ヶ谷嵐山線として、4車線の供用および歩道が整備されている。今出川通と同様に4車線ギリギリの幅員しかなく、右折レーンのない主要交差点も多いことからのラッシュ時には渋滞が頻繁に起こる。

丸太町松屋町から丸太町智恵光院の間で斜行している部分は、明治時代末の京都市三大事業により拡築された部分にあたる。このとき、千本通東大路通間が拡築され、京都市電丸太町線の敷設と鴨川架橋も軌道併用橋に架け替えられた。その後、大正末年から昭和初年に掛けての京都市区改正設計に基づく事業により、白川通西大路通間が拡築された。

その後長らく、西端は中京区の円町交差点までであったが、1966年に西ノ京円町から妙心寺前交差点まで西に延伸、1970年にはさらに右京区嵯峨釈迦堂大門町まで延伸した。おおむね、この延伸区間は新丸太町通とも呼ばれる。

沿道の主な施設・旧跡[編集]

東から。「上ル」「下ル」は交差する通りを北、または南へ入ることを示し、丸太町通に面していない。

交差する道路[編集]

Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道187号標識
  • 上側が東側、下側が西側。左側が北側、右側が南側。
  • 交差する道路の特記がないものは市道
交差する道路 交差する場所
<鹿ヶ谷通> 左京区
市道182号蹴上高野線
<白川通>
天王町
<岡崎道>
- 桜馬場通>
市道181号京都環状線
<東大路通>
東山丸太町
<川端通> 川端丸太町
府道32号下鴨京都停車場線
<河原町通>
上京区 河原町丸太町
国道367号
<烏丸通>
烏丸丸太町
<釜座通> 府庁前
府道38号京都広河原美山線
<堀川通>
堀川丸太町
<智恵光院通> 丸太町智恵光院
<千本通> 府道111号二条停車場円町線
<千本通>
千本丸太町
<七本松通> 中京区 丸太町七本松
市道181号京都環状線
<西大路通>
円町
<佐井通>
府道129号花園停車場大将軍線 右京区 妙心寺
府道131号花園停車場広隆寺線 花園駅
府道130号花園停車場御室線
<上ノ下立売通
国道162号
<天神川通>
双ヶ丘
<山越通 - 丸太町山越通
府道29号宇多野嵐山山田線
<清滝道>
府道29号宇多野嵐山山田線
<長辻通>

交通量[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 右京区太秦北路町:20,011

脚注[編集]

  1. ^ 京都市内の通りの名称は「通」となっていて「り」を送らない。例外として道路標識では「通り」として送る表記を採用しているが、印刷資料で送るものは極めて珍しい。京都市内の通り#表記参照
  2. ^ 円町交差点付近では北向きに振れて、平安京の中御門大路に当たる。

関連項目[編集]

京都市内の東西の通り
西は
右京区嵯峨釈迦堂大門町
まで
北隣の通り:下立売通・椹木町通・荒神口通・春日上通 東は
鹿ヶ谷通
まで
丸太町通
南隣の通り:太子道竹屋町通