串木野市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
串木野市
Kushikino Port.jpg
Kushikino Kagoshima chapter.JPG
串木野市市章
廃止日 2005年10月11日
廃止理由 新設合併
串木野市市来町いちき串木野市
現在の自治体 いちき串木野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
団体コード 46205-5
面積 80.46km²
総人口 25,687
(2005年7月1日)
隣接自治体 市来町薩摩川内市
市の木 ハマヒサカキ
市の花 春の市花:パンジー
秋の市花:サルビア
市の鳥 なし
串木野市役所
所在地 896-8601
鹿児島県串木野市昭和通133番地1
串木野市役所
外部リンク 串木野市
座標 東経130度16分27秒
北緯31度42分30秒
Location of Kushikino, Kagoshima, Japan.svg
特記事項 市の木と花はみな1974年8月制定
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

串木野市 (くしきのし)は、鹿児島県の中西部にあった

2005年10月11日、隣接する市来町と新設合併し消滅、新しくいちき串木野市の一部となった。

地理[編集]

鹿児島県の中西部に位置し、西側では東シナ海に面している。

  • 山:弁財天山(519.1m)、冠岳(516.4m)、火立ヶ岡(348.4m)
  • 川:八房川(15.5km)、五反田川(11.9km)

隣接する市町村[編集]

歴史[編集]

近現代[編集]

  • 1889年4月1日 - 町村制度施行により、上名村・下名村・串木野町・荒川村・冠岳村・羽島村が合併し、串木野村が発足。
  • 1935年4月1日 - 串木野村が町制施行。串木野町となる。
  • 1945年8月9日・12日 - 米軍の空襲を受ける。
  • 1950年10月1日 - 串木野町が市制施行。串木野市となる[1]
  • 2005年10月11日 - 市来町と合併。いちき串木野市となる[2]

行政[編集]

  • 市長:田畑誠一(2003年2月から2005年10月まで)

産業[編集]

漁業[編集]

串木野漁港・羽島漁港・土川漁港の3ヶ所の漁港がある。市域の南部にある市内最大の串木野漁港は、遠洋漁業の基点であり、マグロの水揚げが多い。

石油備蓄事業[編集]

串木野国家石油地下備蓄基地が建設された。同基地は175万キロリットル(日本国内の約3日分の使用量)を備蓄している。

主要企業[編集]

特産品など[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

海外[編集]

地域[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

市立

私立

  • 神村学園中等部

小学校[編集]

市立

  • 串木野小学校
  • 照島小学校
  • 羽島小学校
  • 旭小学校
  • 生福小学校
  • 荒川小学校
  • 冠岳小学校
  • 土川小学校

私立

  • 神村学園初等部

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

串木野インターチェンジ

国道[編集]

主要県道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 白浜温泉
  • 浜競馬:4月
  • まぐろフェスティバル:4月
  • 串木野さのさ祭り:7月

出身人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]