中野竹子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中野竹子

中野 竹子(なかの たけこ)、嘉永3年(1850年)または弘化4年(1847年)? - 明治元年8月25日1868年10月10日))は、江戸時代末期(幕末)の女性。

生涯[編集]

会津藩江戸詰勘定役・中野平内の長女として江戸で生まれた。聡明で学問に長じ、また薙刀術の名手であった。戊辰戦争が始まると会津若松城下に戻り、学問や薙刀を教える。

新政府軍が城下に侵攻した際、母・こう子らと共に娘子軍を結成し奮戦したが頭に銃弾を受けて戦死[1]。首級を敵に与えることを潔しとしない母の介錯[2]により果てた。首級は農兵の手により会津坂下町の法界寺に埋葬された[3]。享年18[4]

辞世の句は「武士の猛きこころにくらふれは 数にも入らぬ我が身なからも」。

中野竹子が登場する作品[編集]

小説 [編集]

テレビドラマ [編集]

その他 [編集]

中野竹子を演じた女優[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大河ドラマ『八重の桜』では設定が異なり、胸を撃たれて戦死したことになっている。
  2. ^ 妹の優子または農兵が介錯したとする説もある。
  3. ^ 中野竹子 涙橋の戦い”. 2013年7月8日閲覧。
  4. ^ 20、22などの異説がある。

関連項目[編集]