中野友加里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif 中野 友加里
Yukari NAKANO
Figure skating pictogram.svg
Yukari Nakano at 2009 NHK Trophy (2).jpg
2009NHK杯での中野
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: 1985年8月25日(28歳)
出生地: 愛知県江南市[1]
身長: 156 cm[2]
元コーチ: 佐藤信夫(2004-2010)[2]
山田満知子[3][2]
樋口美穂子[3]
元振付師: マリーナ・ズエワ
佐藤久美子
デヴィッド・ウィルソン
リー=アン・ミラー
樋口美穂子
引退: 2010年
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 177.40 2008 世界選手権
ショートプログラム: 62.08 2008 GPファイナル
フリースケーティング: 116.30 2008 世界選手権

中野 友加里(なかの ゆかり、ラテン文字:Yukari Nakano、1985年8月25日[2] - )は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。2005年グランプリファイナル3位、NHK杯優勝。2010年に競技生活を退き同年よりフジテレビ社員となる。

人物[編集]

愛知県江南市出身。椙山女学園大学附属小学校椙山女学園中学校椙山女学園高等学校早稲田大学人間科学部eスクール通信教育)を経て、同大学院人間科学研究科を修了[4]。大学入学時から大学院修了まではプリンスホテルに所属していた。兄と6歳上の姉がいる[5]。真面目で負けん気が強い性格[6]。愛用しているリングは両親からもらった結婚指輪[7]

技術・演技[編集]

6種類の3回転ジャンプを跳ぶ数少ない女子選手の一人である。シニア移行時には極端に難しいジャンプ構成を組む選手として知られ、海外では「クレージーガール」と呼ばれることもあった[8]。3回転アクセルには2000年から取り組む。その後、怪我などで一度中断していたが、シニアに上がる際に自分の特徴を作るために再開した[9][10]。競技会で成功したのは2002年の中部ブロック大会。国際競技会では同年のスケートアメリカで成功した。同年の西日本選手権と全日本選手権では3回転アクセル-2回転トウループのコンビネーションジャンプも跳んでいる。一方で、ジャンプの際に踏みきった脚にもう一方の脚がからみつく「巻き足」になってしまう癖があり[1]、GOEでマイナスの評価を付けるジャッジもいる[11]

経歴[編集]

幼少期 - ジュニアクラス[編集]

6歳でスケートを始め[12][13]、高校卒業まで名古屋のグランプリ東海クラブに所属で山田満知子樋口美穂子らの指導を受ける。1998-1999シーズン、全日本ノービス選手権Aクラスで優勝。自身初の国際大会となるトリグラフトロフィーノービスクラスでも優勝した。

1999-2000シーズンからジュニアクラスに上がり、ISUジュニアグランプリ (JGP)では初参戦ながらJGPファイナルに駒を進めた。JGPSBC杯のフリースケーティング(フリー)では6種類の3回転ジャンプに挑んだが、3回転アクセルが両足着氷となり、成功しなかった。3回転アクセルには世界ジュニア選手権半月前の練習中に回転不足ながら片足での着氷に成功し、同選手権の公式練習中に回りきって着氷した[14]

2000-2001シーズンはJGPで2戦続けて優勝し、全日本ジュニア選手権でも初優勝を果たす。JGPファイナルと世界ジュニア選手権でもそれぞれ上位に食い込む活躍を見せた。翌2001-2002シーズンの世界ジュニア選手権では銀メダルを獲得した。

シニアクラス[編集]

2002-2003シーズンからISUグランプリシリーズに参戦するにあたり、ショートプログラム (SP) に3回転アクセルを、フリーには単独の3回転アクセル、3回転アクセル-2回転トウループ、3回転フリップ-3回転トウループ、3回転ルッツ-3回転ループを跳ぶ攻撃的なプログラム構成を予定して競技会に臨んだ[15]。シーズン初戦の中部ブロック大会で3回転アクセルに成功すると、続くスケートアメリカではISU公認記録としては伊藤みどりトーニャ・ハーディングに次いで3人目となる3回転アクセルに成功[16][17][18]。さらに西日本選手権と全日本選手権では、3回転アクセル-2回転トウループにも成功した。冬季アジア大会四大陸選手権ではそれぞれ3位となり、荒川静香村主章枝とともに日本人選手で表彰台を独占した。

2003-2004シーズンは中野にとって辛いシーズンとなった。初めてISUジャッジングシステムのもとで行われたスケートアメリカでは3回転アクセルが回転不足と判定された。旧採点においては回転不足であっても大技に挑戦することで一定の評価を受けたが、ISUジャッジングシステムでは大きく減点されてしまうため、得点が伸び悩んだ。そのため、次の試合からは3回転アクセルを回避した[19]。2003年夏からジェイソン・ダンジェンにペア転向の誘いを受け、シーズンオフには本格的な検討がなされた。2004年3月には佐藤有香の紹介でジェレミー・アレンのトライアウトを受けた、アン・パトリス・マクドノーナオミ・ナリ・ナムといった他の候補者を押しのける形でチーム結成を依頼された。しかし、迷いながらもシングルでの競技続行を決めた[20]

2004-2005シーズン、早稲田大学の人間科学部eスクール(通信教育課程)に進学し、上京。練習拠点も横浜に移し、佐藤信夫に師事するようになる[1]

2005-2006シーズン、東京ブロック大会で、国内競技会では初となるISUジャッジングシステムのもとでの6種類の3回転ジャンプに成功。スケートカナダでは新採点システムの下で始めて3回転アクセルに成功し表彰台に載った。怪我の太田由希奈に替わって出場したNHK杯でGPシリーズ初優勝。GPファイナルでも初出場ながら3位に入る。しかし、全日本選手権で5位にとどまり、トリノオリンピック出場はかなわなかった。四大陸選手権では銀メダルを獲得し、世界選手権では3回転アクセルを回避して5位に入った。

2006-2007シーズン、GPシリーズでは獲得ポイント6位タイながら総得点差でGPファイナル進出を逃した。全日本選手権では初めて表彰台に上がる3位となった。日本学生氷上競技選手権大会で3連覇を達成し、冬季アジア大会では村主章枝を逆転して初優勝。東京開催の世界選手権では開会式で選手宣誓を行い、競技でも2年連続の5位に入った。

2007-2008シーズン、東京ブロック大会で3回転サルコウ-3回転ループに挑み(回転不足)[21]、3回転アクセルにも成功し、4連覇を達成。その後もスケートカナダロシア杯GPファイナルと立て続けに3回転アクセルを決めた。全日本選手権は2年連続して3位に。3年連続の代表となった世界選手権ではSP3位と好スタートを切り、最終滑走者として臨んだフリーでは、3回転アクセルが回転不足になったもののスタンディングオベーションを浴びる好演技を見せ[22][23][24]、4位となった。

2008-2009シーズン、GPシリーズスケートアメリカ、NHK杯では3回転アクセルを回避した。GPファイナルでは3回転アクセルに挑んだものの回転不足となり、その後もジャンプにミスがあって5位にとどまった。全日本選手権はSPで首位に立ったものの、フリーでジャンプのミスが続き5位に沈み、四大陸選手権世界選手権いずれの代表にも選ばれなかった。その後、ユニバーシアードで優勝してシーズンを締めくくった。

2009-2010シーズン、ジャパンオープンにて3回転アクセルに挑んだが転倒し、左肩を亜脱臼する。肩が完治していない状態で臨んだGPシリーズエリック杯では3位と健闘したが、NHK杯では4位に留まり、GPファイナルへの出場を逃す。全日本選手権ではSPで2位と好スタートを切ったが、フリーは序盤の3回転ルッツが回転不足での着氷ミスや、他ジャンプにも高得点が取れなかった事などが響いて、2位の鈴木明子に僅か0.17点及ばず総合3位に終わる。結果4年前のトリノ五輪に続いて、念願であったバンクーバーオリンピックの代表にも選出されなかった。

四大陸選手権世界選手権の代表に選出されていたが、左股関節炎及び左肩亜脱臼の回復が思わしくないため欠場。またバンクーバー五輪開催中の2010年2月22日、既に日本スケート連盟へ引退届を提出していた事を、自身の公式サイトで表明した[25]

引退後[編集]

2009年4月にフジテレビの内々定を受け、現役引退後の2010年4月から一般職であるフジテレビ映画事業局の「映画製作部」に勤務[26][27][28][29]。2011年9月公開の『アンフェア the answer』ではアシスタントプロデューサーとして名を連ねると共に、焼き肉屋の店員としてカメオ出演している[30]

2012年3月11日、スケーターとしては2009年12月の全日本選手権以来2年3か月ぶりに、安藤美姫立案によるアイスショー『心を織りなす氷上の世界 〜 Reborn Garden 〜』に出演した。[31]

2012年1月からは『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の制作ブログを担当している[32]。 2012年9月1日放送の『踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件』ではアシスタントプロデューサーを務めた。

同10月からスポーツ局に配置され、すぽると!のアシスタントディレクターとして活動する傍ら、フィギュアスケートのレポーターも担当している。また2014年のソチオリンピック開催時は、AMラジオ局ニッポン放送[33]平日午前のワイド番組『垣花正のあなたとハッピー!』に出演し、フィギュアスケート競技各種目のレポート・解説を担当した。

主な戦績[編集]

2002-2003年シーズン以降[編集]

大会/年 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10
世界選手権 5 5 4
四大陸選手権 3 6 11 2
全日本選手権 6 7 6 5 3 3 5 3
GPファイナル 3 5 5
GPNHK杯 1 3 3 4
GPエリック杯 6 3
GPスケートアメリカ 7 8 2
GPスケートカナダ 11 3 2
GPロシア杯 8 2
GP中国杯 11 2
ユニバーシアード 4 1
冬季アジア大会 3 1

2001-2002年シーズンまで[編集]

大会/年 1998-99 1999-00 2000-01 2001-02
全日本選手権 8 5
世界Jr.選手権 7 4 2
全日本Jr.選手権 11 1 2
JGPファイナル 5 3 5
JGP ソフィア杯 3
JGP SBC杯 2 2
JGP ハルビン 1
JGP メキシコ杯 1
JGP モントリオール杯 4
トリグラフトロフィー 1 N
  • N - ノービスクラス

詳細[編集]

2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年12月26日-27日 第78回全日本フィギュアスケート選手権大阪 2
68.90
3
126.83
3
195.73
2009年11月5日-8日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 3
54.92
5
97.43
4
152.35
2009年10月15日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 2
59.64
3
106.06
3
165.70


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年2月18日-28日 第24回ユニバーシアード冬季競技大会ハルビン 4
52.70
1
101.93
1
154.63
2008年12月25日-27日 第77回全日本フィギュアスケート選手権長野 1
67.26
6
105.34
5
172.60
2008年12月10日-14日 2008/2009 ISUグランプリファイナル高陽 3
62.08
6
99.85
5
161.93
2008年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 5
54.82
3
112.60
3
167.42
2008年10月23日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカエバレット 3
57.46
2
115.07
2
172.53


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 3
61.10
4
116.30
4
177.40
2007年12月26日-28日 第76回全日本フィギュアスケート選手権大阪 4
61.16
3
123.15
3
184.31
2007年12月13日-16日 2007/2008 ISUグランプリファイナルトリノ 4
59.78
5
113.18
5
172.96
2007年11月22日-25日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 2
60.50
3
112.27
2
172.77
2007年11月1日-4日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベックシティ 4
55.94
2
113.49
2
169.43


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 7
60.62
6
108.30
5
168.92
2007年1月28日-2月4日 第6回アジア冬季競技大会長春 2
57.36
1
105.02
1
162.38
2006年12月27日-29日 第75回全日本フィギュアスケート選手権名古屋 3
63.34
2
116.38
3
179.72
2006年11月30日-12月3日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 3
56.86
3
104.07
3
160.93
2006年11月9日-12日 ISUグランプリシリーズ 中国杯南京 2
54.90
2
96.37
2
151.27


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 4
27.79
6
59.62
6
108.24
5
195.65
2006年1月23日-29日 2006年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス - 3
53.53
1
107.96
2
161.49
2005年12月23日-25日 第74回全日本フィギュアスケート選手権東京 - 5
61.46
5
114.20
5
175.66
2005年12月16日-18日 2005/2006 ISUグランプリファイナル東京 - 4
56.04
3
105.78
3
161.82
2005年12月1日-4日 ISUグランプリシリーズ NHK杯大阪 - 2
56.22
2
102.44
1
158.66
2005年10月27日-30日 ISUグISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョンズ - 4
49.84
3
99.70
3
149.54


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年2月14日-20日 2005年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 9
45.17
12
76.57
11
121.74
2005年1月12日-22日 第22回ユニバーシアード冬季競技大会インスブルック 4 4 4
2004年12月24日-26日 第73回全日本フィギュアスケート選手権横浜 7
49.08
6
98.40
6
147.48
2004年11月11日-14日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 11
38.76
9
78.18
11
116.94
2004年10月28日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダハリファクス 11
37.58
10
76.10
11
113.68


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年1月19日-25日 2004年四大陸フィギュアスケート選手権ハミルトン 5 6 6
2003年12月25日-27日 第72回全日本フィギュアスケート選手権長野 8 7 7
2003年11月20日-23日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 7
44.68
8
83.00
8
127.68
2003年10月23日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレディング 10
44.20
7
87.90
8
132.10


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年2月10日-16日 2003年四大陸フィギュアスケート選手権北京 3 3 3
2003年2月1日-8日 第5回アジア冬季競技大会青森 3 3 3
2002年12月20日-22日 第71回全日本フィギュアスケート選手権京都 5 5 6
2002年11月14日-17日 ISUグランプリシリーズラリック杯パリ 8 6 6
2002年10月24日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカスポケーン 8 6 7


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年3月3日-10日 2002年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーマル 2 3 2 2
2001年12月21日-23日 第70回全日本フィギュアスケート選手権大阪 - 4 5 5
2001年12月13日-16日 2001/2002 ISUジュニアグランプリファイナルブレッド - 4 4 5
2001年11月23日-24日 第70回全日本フィギュアスケートジュニア選手権東京 - 4 2 2
2001年11月15日-18日 ISUジュニアグランプリ SBC杯長野 - 2 2 2
2001年9月13日-16日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯ソフィア - 3 4 3


2000-2001 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2001年2月25日-3月4日 2001年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 5 5 4 4
2000年12月14日-17日 2000/2001 ISUジュニアグランプリファイナルエア - 3 3 3
2000年11月25日-26日 第69回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 - 1 1 1
2000年10月12日-15日 ISUジュニアグランプリ ハルビンハルビン - 5 1 1
2000年9月14日-17日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯メキシコシティ - 1 2 1


1999-2000 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2000年3月5日-12日 2000年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オーベルストドルフ 3 4 9 7
1999年12月24日-26日 第68回全日本フィギュアスケート選手権福岡 - 10 7 8
1999年12月16日-19日 1999/2000 ISUジュニアグランプリファイナルグダニスク - 6 5 5
1999年11月18日-21日 ISUジュニアグランプリ SBC杯長野 - 5 2 2
1999年9月29日-10月3日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール - 4 4 4


1998-1999 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
1998年10月30日-11月1日 第67回全日本フィギュアスケートジュニア選手権苫小牧 16 9 11

プログラム[編集]

シーズン SP FS EX
2009-2010
[34][35]
ミュージカル『オペラ座の怪人』より
作曲:アンドリュー・ロイド・ウェバー
振付:マリーナ・ズエワ
火の鳥
作曲:イーゴリ・ストラヴィンスキー
振付:マリーナ・ズエワ
ハレム
ボーカル:サラ・ブライトマン
振付:宮本賢二
スパークリング・ダイアモンズ 映画『ムーラン・ルージュ』より
ボーカル:ニコール・キッドマン
振付:佐藤久美子
2008-2009
[36][37][38]
ロマンス 映画『馬あぶ』より
作曲:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
振付:マリーナ・ズエワ
ジゼル
作曲:アドルフ・アダン
振付:マリーナ・ズエワ
サムホエア 『ウエスト・サイド物語』より
作曲:レナード・バーンスタイン
振付:マリーナ・ズエワ
ボレロ 映画『ムーラン・ルージュ』より
作曲:Steve Sharples
振付:佐藤久美子
2007-2008
[39][40]
幻想即興曲
作曲:フレデリック・ショパン、演奏:ユンディ・リ
振付:佐藤久美子
スペイン奇想曲
作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
振付:マリーナ・ズエワ
アリア (風) 「白鳥」より
作曲:カミーユ・サン=サーンス、ボーカル:Giorgia Fumanti[22]
振付:佐藤久美子
シルク・ドゥ・ソレイユコルテオ』より「リトルナーレ」
振付:宮本賢二
映画『SAYURI』より「芸者」
作曲:ジョン・ウィリアムズ
振付:マリーナ・ズエワ
2006-2007
[39]
映画『SAYURI』より「芸者」
作曲:ジョン・ウィリアムズ
振付:マリーナ・ズエワ
シンデレラ
作曲:セルゲイ・プロコフィエフ
振付:マリーナ・ズエワ
クロディーヌ
作曲:Tonci Huljic、演奏:Maksim
振付:佐藤久美子
映画『SAYURI』より「芸者」
作曲:ジョン・ウィリアムズ
振付:マリーナ・ズエワ
2005-2006
[2][39]
ボレロ 映画『ムーラン・ルージュ』より
作曲:Steve Sharples
振付:マリーナ・ズエワ
ドン・キホーテ
作曲:レオン・ミンクス
振付:マリーナ・ズエワ
アメイジング・グレイス
ボーカル:ヘイリー・ウェステンラ
振付:佐藤久美子
2004-2005
[41][39]
歌劇『ファウスト』より「バッカナリア」
作曲:シャルル・グノー
振付:マリーナ・ズエワ
ビートルズメドレー
作曲:ジョン・レノン & ポール・マッカートニー
振付:マリーナ・ズエワ
セル・ブロック・タンゴ 映画『シカゴ』より
作曲:ジョン・カンダー
振付:マリーナ・ズエワ
2003-2004
[42][39]
プレイヤー・フォー・テイラー
作曲:マイケル W. スミス
振付:デヴィッド・ウィルソン
革命のエチュード
作曲:フレデリック・ショパン
振付:樋口美穂子
シークレット・ガーデン
作曲:ロルフ・ラヴランド
振付:樋口美穂子
2002-2003
[42][43]
プレイヤー・フォー・テイラー
作曲:マイケル W. スミス
振付:デヴィッド・ウィルソン
歌劇『ミニョン』より「そうよ、今晩... 私はティターニア」
作曲:アンブロワーズ・トマ
-
2001-2002
[42]
パーハップス・ラブ
作曲:ジョン・デンバー
演奏:ジェームズ・ゴールウェイ
序曲「謝肉祭」
作曲:アントニン・ドヴォルザーク
-
2000-2001
[42]
パーハップス・ラブ
作曲:ジョン・デンバー
演奏:ジェームズ・ゴールウェイ
タイムズ・スクウェア -

表彰歴[編集]

  • 文部科学省・国際競技大会優秀者表彰(2007年、2009年)

書籍[編集]

  • トップスケーターの流儀 中野友加里が聞く9人のリアルストーリー (双葉社、2013年12月11日) ISBN 9784575305937

出典[編集]

  1. ^ a b c 『日本女子フィギュアスケート オフィシャル応援ブック』実業之日本社、2004年11月、p.62
  2. ^ a b c d e 中野 友加里公式サイト プロフィール 2009年8月現在
  3. ^ a b 『little wings 新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔』双葉社、2003年12月、p.53
  4. ^ 「NHK ニュース おはよう東海」2010年3月30日
  5. ^ 松岡修造著『Stay Gold フィギュアスケート編』ナナ・コーポレート・コミュニケーション、2003年4月、p.115
  6. ^ 山田満知子著『素直な心が才能を伸ばす!』青春出版社、2007年4月、p.63
  7. ^ 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009女子シングル読本』ダイエックス出版出版、2008年9月、p.20
  8. ^ 『Stay Gold』p.121
  9. ^ 『Stay Gold』p.106
  10. ^ 『素直な心が才能を伸ばす!』p.68
  11. ^ 斎藤貴子編『フィギュアスケート07』毎日新聞社、2007年4月、p.72
  12. ^ 『素直な心が才能を伸ばす!』p.64
  13. ^ 『ファンブック2009』p.23
  14. ^ 八木沼純子著『氷上のアーティストたち』日本経済新聞社、2005年11月、p.115
  15. ^ 『Stay Gold』p.131
  16. ^ 『little wings』p.52
  17. ^ 『little wings』p.58
  18. ^ 『Stay Gold』p.131, p.134、『素直な心が才能を伸ばす!』pp.65-66
  19. ^ 『応援ブック』p.61, p.64
  20. ^ 『応援ブック』pp.63-64
  21. ^ 2007 東京フィギュアスケート選手権大会 シニア女子フリースケーティングジャッジスコア
  22. ^ a b 『日本女子フィギュアスケートキャラクターブック 2008-2009』マガジンハウス、2008年10月、p.18
  23. ^ 『ファンブック2009』p.23, 94
  24. ^ 『キャラクターブック 2008-2009』p.18
  25. ^ 「平成22年3月3日 ひなまつりの日に 中野友加里」『ジャーナル - 中野友加里 公式サイト』2010年3月3日更新、同年3月8日閲覧
  26. ^ 金曜プレステージ「FNS26時間テレビ前夜祭」(2010年7月23日放送)より
  27. ^ 「フィギュア中野がフジ内定、来季で引退か」『nikkansports.com』2009年4月1日更新、同年4月3日閲覧
  28. ^ 「中野友加里が一般職でフジテレビ入りへ」『スポーツ報知』2009年4月2日更新、同年4月3日閲覧
  29. ^ 「華麗なる訪問者 我ら、CXスポーツアナウンサー」 2010年05月12日
  30. ^ 『アンフェア the answer』パンフレット「PRODUCTION NOTES」より。
  31. ^ 心を織りなす氷上の世界公式サイト
  32. ^ 中野友加里AP(フジテレビ) (2012年1月17日). “「踊る大捜査線 THE FINAL」大潜入捜査日記”. 踊る大捜査線 THE FINAL制作ブログ. フジテレビジョン/アイ・エヌ・ピー. 2012年5月13日閲覧。
  33. ^ フジテレビの完全子会社
  34. ^ ISUによるバイオグラフィーより
  35. ^ 2009NHK杯フィギュア公式サイト内「使用楽曲」より
  36. ^ 『キャラクターブック 2008-2009』p.17
  37. ^ 『2008-2009女子シングル読本』pp.20-23
  38. ^ 『ファンブック2009』p.89
  39. ^ a b c d e 『2008-2009女子シングル読本』p.23
  40. ^ 『キャラクターブック 2008-2009』p.19
  41. ^ 『応援ブック』p.93
  42. ^ a b c d 『little wings』pp.131-132
  43. ^ 『ファンブック2009』p.85

外部リンク[編集]