中西美帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なかにし みほ
中西 美帆
生年月日 1988年12月5日(26歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県神戸市
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2009年 -
公式サイト MIHO NAKANISHI Official Website

中西 美帆(なかにし みほ、1988年12月5日[1] - )は日本女優兵庫県神戸市生まれ、神奈川県横浜市育ち。高樹一生事務所所属。東京誠心調理師専門学校卒業[1]

来歴・人物[編集]

高校1年の時、父から女優・原節子が近所に住んでいるのを聞き、原の代表作『東京物語』を鑑賞したのをきっかけに女優を志す。女優を目指すようになってからは古典的な映画作品を「1日1本は必ず見る」ことを自分に課し、映画を見る資金を稼ぐために3年間、横浜スタジアムでのビール売りのアルバイトをした[1]。1日525杯のビールを売り上げた記録も持つ。女優になるなら手に職を付けてからという両親の希望で調理師学校に通い、調理師免許を持つ。親の知人の紹介で現在の所属事務所の社長と出会い、「使い捨てじゃない女優を」という社長の指示で調理師学校を卒業した20歳の時から2年間、レッスンに打ち込んだ[2]

2009年、舞台『奇跡の人』で女優デビューを果たす。2011年に『神様の女房』で松下幸之助の娘・幸子役で本格的にドラマデビュー。同年公開の映画『神様のカルテ』では勉強の為に撮影現場を訪れたところ、深川栄洋監督の目にとまり、中西の為に脚本に無い看護師役が設けられ、映画デビューを果たす[2]

尊敬する女優は岸惠子[2]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 奇跡の人(2009年) - 主演・アニー・サリヴァン 役

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 2012年7月25日読売新聞夕刊 popstyle特集「ALL ABOUT 中西美帆」、および、大型新人女優・中西美帆さんが登場! : popstyleブログ : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)”. 2012年10月2日閲覧。
  2. ^ a b c “大型新人女優”中西美帆、渋谷の交差点で大号泣のワケ” (2011年10月17日). 2012年10月5日閲覧。
  3. ^ 中日スポーツ (2014年2月22日). “中西美帆 NHKドラマで難役挑戦 東日本大震災実話ものなど”. 2014年3月10日閲覧。
  4. ^ シネマトゥデイ (2014年6月20日). “海老蔵、中西美帆の積極的なキスにひるむ”. 2014年7月1日閲覧。
  5. ^ cinemacafe.net (2014年6月21日). “市川海老蔵、女性との初“キスシーン”に「一瞬ひるんだ」 映画『喰女-クイメ-』”. 2014年7月1日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 一人二役。

外部リンク[編集]