中華世紀壇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華世紀壇
中華世紀鐘
青铜甬道

中華世紀壇(チュウカセイキタン、中华世纪坛、China Millennium Monument)は、中華人民共和国北京市にあるモニュメント。

概要[編集]

皇帝が豊作を祈念した建築物である天壇にならい、北京市が約2億元を投じて1999年に建設したモニュメントである。同年12月31日(大晦日)の深夜に、江沢民国家主席(当時)が、20世紀最後の一大政治宣伝イベントである「2000年祝賀会」を開催した場所として知られる。

世紀壇の南側にある聖火台には、北京原人の化石が見つかった周口店遺跡で採った火が点火された。これは「中華民族の文明の火」として永遠に灯し続けられる。

中華世紀鐘[編集]

新たに造られたは、「高さ6.8メートル、直3.38メートル、重量50トン」と、世界最大級のものである。「2000年祝賀会」では、21世紀の到来を意味する21の除夜の鐘が鳴らされた。

中華世紀壇・世界芸術館[編集]

関連事項[編集]

参照[編集]

アクセス[編集]

外部リンク[編集]