中根千枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中根 千枝(なかね ちえ、1926年11月30日 - )は日本社会人類学者。専門はインドチベット・日本の社会組織。東京大学名誉教授。女性初の東大教授。女性初の日本学士院会員。学者として女性初の文化勲章受賞者[1]。イギリス人類学民族学連合名誉会員、国際人類学民族学連合名誉会員など。

来歴・人物[編集]

東京府豊多摩郡戸塚村(現・新宿区)生まれ。東京都立第八高等女学校(現・東京都立八潮高等学校)、津田塾専門学校外国語科卒業。東京大学文学部東洋史学科に入学し、卒業後は同大学院に入学し、修了。

1959年『未開の顔・文明の顔』で毎日出版文化賞受賞。1967年に出版した著書『タテ社会の人間関係』は代表的な日本人論として100万部を超えるベスト&ロングセラー、世界13カ国語に翻訳された。2005年5月現在、日本国内での発行部数112万部。

津田塾から東大に入った同期に森山真弓元法務大臣がいる。

略歴[編集]

著書[編集]

下記以外に、外国語に翻訳されたものや外国語資料もある。

単著[編集]

  • 『未開の顔・文明の顔』(中央公論社、1959年/普及版・中央公論文庫、1962年/中公文庫、1990年7月、ISBN 4122017297
  • 『タテ社会の人間関係:単一社会の理論』(講談社現代新書、1967年7月、ISBN 4061155059
    • 『タテ社会の人間関係:Japanese Society』(チャールズ・イー・タトル出版、2009年2月、ISBN 480531026X
  • 『家族の構造:社会人類学的分析』(東京大学出版会、1970年)
  • 『人間と経営:トップビジネスマンとの対話』(文藝春秋、1971年)
  • 『適応の条件:日本的連続の思考』(講談社現代新書、1972年)
  • 『家族を中心とした人間関係』(講談社学術文庫、1977年)
  • 『タテ社会の力学』(講談社現代新書、1978年/講談社学術文庫、2009年7月、ISBN 4062919567
  • 『日本人の可能性と限界』(講談社、1978年)
  • 『社会構造の比較:アジアを中心として』(旺文社、1981年)
  • 『社会人類学:アジア諸社会の考察』(東京大学出版会、1987年/講談社学術文庫、2002年4月、ISBN 4061595407
  • 『中国とインド:社会人類学の観点から』(国際高等研究所、1999年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『韓国農村の家族と祭儀』 東京大学出版会 1973

共編[編集]

  • 桑原武夫加藤秀俊)『歴史と文明の探求』 文明問題懇談会全記録 上下 中央公論社 1976

翻訳[編集]

雑誌発表論文[編集]

  • 中央公論 64年5月号 「日本的社会構造の発見」タテ社会の人間関係」のもとになった論文。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 女性の文化勲章受章者としては11人目だが、それまでの女性の文化勲章受章者はすべて芸術部門での受章であった。学術部門での女性の受章は中根が初めてである。
  2. ^ 朝日新聞2012年7月14日熊本版朝刊27頁、この中で中根はタテ社会を本の名前としたのは講談社の編集者で、タテを上意下達や権力構造と考えるのは誤解だと述べている。