中村祐輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中村 祐輔(なかむら ゆうすけ、1952年12月8日 - )は日本の医学者。専門は遺伝学分子生物学東京大学医科学研究所教授を経て、シカゴ大学医学部血液・腫瘍内科教授。

来歴[編集]

1977年大阪大学医学部を卒業。旧大阪府立病院市立堺病院等に勤務後、渡米。高度多型性ⅤNTRマーカーを単離。その後1991年大腸癌抑制遺伝子APCを発見。2001年癌遺伝子等に関わる成果のトランスレートリサーチを展開するべくオンコセラピー・サイエンスを創設した。

2010年4月独立行政法人国立がん研究センター研究所所長に就任したため、同社社外取締役を辞任したが[1]、現在も同社の筆頭株主である。

経歴[編集]

研究業績[編集]

  • Okawa A, Nakamura Y, et al. (1998). “Mutation in Npps in a mouse model of ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine”. Nature Genetics 19: 271-273. PMID 9662402. 
  • Hayashi N, Ito I, Nakamura Y, et al. (1995). “Genetic diagnosis of lymph-node metastasis allows accurate prognosis of patients with colorectal cancer”. Lancet 345: 1257-1259. PMID 7746054. 
  • Toda T, Segawa M, Nakamura Y, et al. (1993). “Localization of a gene responsible for Fukuyama type congenital muscular dystrophy (FCMD) to chromosome 9q31-33 by linkage analysis”. Nature Genetics 5: 283-286. PMID 8275093. 
  • Nishisho I, Nakamura Y, et al. (1991). “Mutations of chromosome 5q21 genes in FAP and colorectal cancer patients”. Science 253: 665-669. PMID 1651563. 
  • Nakamura Y, Leppert M, et al. (1987). “Variable number of tandem repeat (VNTR) markers for human gene mapping”. Science 235: 1616-1622. PMID 3029872. 

褒章[編集]

ニュース[編集]

External links[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オンコセラピー・サイエンス. “取締役辞任に関するお知らせ (PDF)”. 2010年4月21日閲覧。
  2. ^ 武田医学賞受賞者”. 武田科学振興財団. 2009年10月17日閲覧。