中村浩士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中村 "アイアン" 浩士
基本情報
本名 中村 浩士
通称 アイアン
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1981年2月14日(33歳)
出身地 群馬県太田市
所属 東京イエローマンズ
→カルペディエムブラジリアン柔術
身長 166cm
体重 63kg
階級 バンタム級 (DEEP)
スタイル 柔道
テーマ曲 Bleed It Out
リンキンパーク
テンプレートを表示

中村"アイアン"浩士(なかむら"アイアン"ひろし、男性、1981年2月14日 - )は、日本総合格闘家群馬県太田市出身。カルペディエムブラジリアン柔術所属。柔道黒帯[1]

朝日昇の愛弟子。

来歴[編集]

2004年7月19日、東日本アマチュア修斗選手権大会・ライト級(13名参加)に出場し、優勝を果たした。

2005年2月6日、プロ修斗デビュー戦で西岡裕と対戦し、0-3の判定負けを喫した。当時のリングネームは本名である中村浩士であった。

2005年10月28日、修斗で藤岡正義と対戦し、3-0の判定勝ち。3戦目での初勝利となった。

2006年10月8日から9日にかけて開催されたGi ADCC オープントーナメント・66kg級で優勝を果たした[2][3]

2008年3月28日、修斗で不死身夜天慶と対戦し、2-0の判定勝ちを収めクラスA昇格を決めた。この試合よりリングネームを中村"アイアン"浩士に改名した[4]

2008年8月3日、クラスA初戦となった修斗のメインイベントで日沖発と対戦し、1-0の判定ドローとなった[5]

2009年4月25日、CAGE FORCE初参戦となったCAGE FORCE 10美木航と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた[6]

2009年8月16日、韓国で開催されたFMC旗揚げ大会でキム・ジョンマンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。同大会はギャラの問題などで揉め、出場予定であった日本人選手7人が欠場するなどトラブルの多い大会となった。

2009年9月26日、アブダビコンバット2009・66kg未満級に出場。1回戦でフーベンス・シャーレス"コブリンヤ"と対戦し、一本負けを喫した[7]

2009年11月23日、ZST初参戦となったZST.22 〜旗揚げ7周年記念大会〜で稲津航と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収めた[8]

2010年2月28日、DEEP初参戦となったDEEP 46 IMPACTで寺田功と対戦し、左ストレートによるKO負け[9]佐伯繁DEEP代表は試合前に「中村選手はすでに62kgでは日本でトップだと思っています。(王者である)今成にとっては怖い挑戦者だと思います」と評価していた[10]

2010年10月24日、DEEP 50 IMPACT 〜10年目の奇跡〜で和田竜光と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[11]

2011年2月25日、DEEP 52 IMPACTで今成正和と対戦し、肩固めを2度極めかけるなどして3-0の判定勝ち。ノンタイトルマッチながらバンタム級王者である今成から勝利を収めた[12]

2011年6月24日、DEEP54で今成正和が返上したDEEPバンタム級王座をめぐって大塚隆史と対戦し、判定負け。王座獲得に失敗した。

Bellator FC[編集]

2012年4月6日、Bellator FC初参戦となるカナダオンタリオ州で開催されたBellator 64のバンタム級トーナメント1回戦でホドリゴ・リマと対戦し、判定勝ち[13]

2012年5月25日、Bellator 70のバンタム級トーナメント準決勝でルイス・ノゲイラと対戦し、3RTKO負け。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
26 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 0 2 13 0 4 0
7 5 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 中村優作 3R 0:53 KO(飛び膝蹴り) DEEP CAGE IMPACT 2013 in TDC HALL 2013年11月24日
× ルイス・ノゲイラ 3R 1:58 TKO(右ストレート→パウンド) Bellator 70
【バンタム級トーナメント 準決勝】
2012年5月25日
ホドリゴ・リマ 5分3R終了 判定3-0 Bellator 64
【バンタム級トーナメント 1回戦】
2012年4月6日
赤尾セイジ 5分3R終了 判定3-0 DEEP 56 IMPACT 2011年12月16日
前田吉朗 5分3R終了 判定3-0 DEEP CAGE IMPACT 2011 in TOKYO 2011年10月29日
× 大塚隆史 5分5R終了 判定0-5 DEEP 54 IMPACT
【DEEPバンタム級タイトルマッチ】
2011年6月24日
今成正和 5分3R終了 判定3-0 DEEP 52 IMPACT 2011年2月25日
和田竜光 5分2R終了 判定3-0 DEEP 50 IMPACT 〜10年目の奇跡〜 2010年10月24日
堀友彦 5分2R終了 判定3-0 DEEP 48 IMPACT 2010年7月3日
× 寺田功 1R 1:11 KO(左ストレート) DEEP 46 IMPACT 2010年2月28日
稲津航 1R 1:35 腕ひしぎ十字固め ZST.22 〜旗揚げ7周年記念大会〜 2009年11月23日
キム・ジョンマン 5分3R終了 判定3-0 FMC 1 - Korea vs. Japan 2009年8月16日
美木航 5分3R終了 判定2-0 CAGE FORCE 10 2009年4月25日
碓氷早矢手 5分3R終了 判定3-0 修斗 修斗伝承 05 -ROAD TO 20th ANNIVERSARY- 2009年1月18日
日沖発 5分3R終了 判定1-0 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.15 2008年8月3日
不死身夜天慶 5分2R終了 判定2-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 08 2008年3月28日
中尾享太郎 5分2R終了 判定3-0 修斗 2007年12月8日
井上雄史 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTING DISCO 3 〜エブリバディー ファイト ナウ〜 2007年10月20日
石渡伸太郎 5分2R終了 判定0-1 修斗 SHOOTING DISCO 2 〜今夜はヒートアップ〜 2007年8月5日
山田啓介 5分2R終了 判定0-0 修斗 2006年11月10日
× 石澤大介 2R 4:26 TKO(右フック) 修斗
【新人王決定トーナメント ライト級 準決勝】
2006年7月21日
富山浩宇 2R 3:24 腕ひしぎ十字固め 修斗
【新人王決定トーナメント ライト級 1回戦】
2006年5月28日
粕谷さかえ 5分2R終了 判定0-0 修斗 下北沢修斗劇場 第14弾 〜'06 巣立ち〜 2006年3月3日
藤岡正義 5分2R終了 判定3-0 修斗 下北沢修斗劇場 第13弾 〜Soulful Fight〜 2005年10月28日
× ウィッキー聡生 2R 3:57 TKO(右ストレート) 修斗 2005年5月29日
× 西岡裕 5分2R終了 判定0-3 修斗 下北沢修斗劇場第10弾 〜本物は誰だ!〜
【新人王決定トーナメント ライト級 1回戦】
2005年2月6日

脚注[編集]

  1. ^ 中村"アイアン"浩士 東京イエローマンズ 2012年6月14日閲覧
  2. ^ 【ADCC】ADCC JAPAN初の公式戦開催!北出拓也、中村浩士、高橋良治、上口孝太らが決勝進出 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年10月8日
  3. ^ 【ADCC】オープントーナメントは、強豪が順当優勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年10月9日
  4. ^ [修斗] 3.28 後楽園:門脇&上田が新王者に。日沖圧勝 BoutReview 2008年3月28日
  5. ^ 【修斗】日沖発、地元名古屋で痛恨のドロー!新美吉太郎の環太平洋挑戦が決定 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年8月3日
  6. ^ 【ケージフォース】メイン中止も宮澤が一本勝ちで大会を締める!秋山軍団は2勝1分 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年4月25日
  7. ^ ADCC2009:初日の結果・日本人選手 ブラジリアン柔術ニュースブログ ブラジルブログ 2009年9月27日
  8. ^ 【ZST】11・23“エース”小谷直之が中村大介に一本勝ち!鈴木信達は渋谷修身をヒザ蹴りでKO 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年11月23日
  9. ^ [DEEP] 大塚&福田、ノンタイトル戦圧勝も決定力不足を反省 BoutReview 2010年2月28日
  10. ^ 【DEEP】2・28佐伯代表もべた褒め!中村“アイアン”浩士がバンタム級に殴り込み 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年1月21日
  11. ^ 【DEEP】死闘!菊野が帯谷を判定で退ける、青木&ミノワマン&長南は快勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年10月24日
  12. ^ 【DEEP】田澤がメガトン王座を獲得!桜井は中西に一本勝ち、中村が今成に判定勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年2月25日
  13. ^ Bellator64 Bellator 2011年4月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]