中村吉右衛門 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しょだい なかむら きちえもん
初代 中村 吉右衛門
Kichiemon Nakamura I 1951.jpg
文化勲章を胸に
屋号 播磨屋
定紋 揚羽蝶 Ageha inverted.png
生年月日 1886年3月24日
没年月日 1954年9月5日(満68歳没)
本名 波野辰次郎
襲名歴 1. 初代中村吉右衛門
俳名 秀山
出身地 東京
三代目中村歌六
かめ(嘉女)
兄弟 三代目中村時蔵
十七代目中村勘三郎
波野千代
正子(八代目松本幸四郎の妻)
二代目中村吉右衛門(養子)
当たり役
一谷嫩軍記』の熊谷直実
菅原伝授手習鑑』の武部源蔵
『近江源氏先陣館』の佐々木盛綱
『天衣紛上野初花』の河内山宗俊
 ほか多数

初代 中村 吉右衛門(しょだい なかむら きちえもん、1886年明治19年)3月24日 - 1954年昭和29年)9月5日)は、明治末から昭和にかけて活躍した歌舞伎役者。屋号播磨屋定紋揚羽蝶、替紋は村山片喰大向うからの「大播磨」(おおはりま)の掛け声で知られた。

来歴[編集]

東京浅草象潟町(浅草寺の裏手)生まれ。三代目中村歌六の次男で、本名、波野辰次郎。弟に三代目中村時蔵十七代目中村勘三郎、娘婿に八代目松本幸四郎がいる。

1897年(明治30年)、初舞台を踏んだ。子供歌舞伎の中心として初代助高屋小伝次、初代中村又五郎らと舞台に立った。長じて1908年(明治41年)、六代目尾上菊五郎と共に市村座専属となり、若手の歌舞伎役者として人気を博した。1911年(明治44年)に文学者・小宮豊隆が「中村吉右衛門論」を「新小説」に発表したほどで、知識人の間にも支援者が多かった。市村座では菊五郎との共演が評判を呼び、「菊吉時代」「二長町時代」を築いた(下谷区二長町に市村座があった)。

1921年大正10年)、市村座を脱退。のち松竹に移った。大正から昭和にかけて菊五郎と並ぶ名優として高い評価を得た。父歌六ゆずりの上方風の芸風に九代目市川團十郎系の近代的な演技をくわえた独自の雰囲気を持っていた。丸本物と生世話物の立役を得意とし後代に大きな影響を与えた。また、父譲りの上方狂言も得意とするなど芸の幅も広かった。父を亡くし孤立無援であった六代目中村福助を抜擢、六代目中村歌右衛門を襲名させ昭和を代表する名女形に育て上げたのも大きな功績である。

1947年(昭和22年)日本芸術院会員。1951年(昭和26年)に文化勲章を受章した。

墓所は青山霊園

当り役[編集]

吉右衛門の当り役は

人物[編集]

趣味は弓道と俳句。弓道は日置流弓道(重藤の位)で、自宅に道場を造るほどであった。高浜虚子の弟子で『ホトトギス』の俳句を嗜んだ。俳号は吉右衛門を使用した。句集『吉右衛門句集』を刊行しており、浅草神社の境内には句碑が建てられている。

逸話[編集]

『菅原伝授手習鑑』の
武部源蔵

熱演型でどんな役でも懸命に演じたので舞台では唾がよく飛んだという。

吉右衛門には跡継ぎがいなかった。そこで一人娘の正子は八代目松本幸四郎に嫁ぐ際、父に「男の子を二人は産んで、そのうちの一人に吉右衛門の名を継がせます」と約束したところ、果してその通りに男子ふたりを授かった。長男が父方の「幸四郎」をついだ九代目松本幸四郎、次男が母方の「吉右衛門」を継いだ当代の二代目中村吉右衛門である。

昭和天皇の初めての天覧歌舞伎になるという、名人の名高い舞台に選ばれている。

山田風太郎の著書・『人間臨終図巻』によると、吉右衛門は医者好きで、ちょっと風邪をひいただけでも「医者を呼べ」と大騒ぎし、挙句の果てには自身の主治医の家の隣に引っ越したほどであった。そのため、梨園では一時期、ちょっとした風邪等の軽い病気に罹ると、「吉右衛門になった」という隠語が使われたといわれる。 2006年(平成18年)9月、初代吉右衛門生誕120年を記念して、孫の二代目中村吉右衛門や九代目松本幸四郎らによって初めて秀山祭が催された。「秀山」は初代吉右衛門の俳名にちなんだもので、第1回は盛況のうちに成功を納め、以後歌舞伎座九月公演の定番となった。

関連項目[編集]

関連書[編集]

外部リンク[編集]