中日臨海バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中日臨海バス株式会社
Chunichi Rinkai Bus Co.,Ltd.
中日臨海バスの貸切バス
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
510-0845
三重県四日市市海山道町3-80
設立 1946年
業種 陸運業
事業内容 特定バス事業他
代表者 代表取締役社長 森川道博
資本金 5,000万円
外部リンク http://www.crb.co.jp/
テンプレートを表示

中日臨海バス株式会社(ちゅうにちりんかいバス)は、三重県四日市市に本社を置くバス事業者(一般貸切旅客・特定旅客)。

社名に「中日」という文字が含まれるが、中日新聞社との資本関係は一切ない。

営業所[編集]

現行路線[編集]

大阪府和泉市内の企業からの受託により運行されている送迎バス

四日市本社[編集]

車検のコバックとして、四日市・鈴鹿の2店舗で車検・一般整備を実施している。

大阪堺支店[編集]

  • 忠岡町福祉バス「ハートふる号」 (大阪府泉北郡忠岡町
    • 無料。高齢者、障害者等優先。
  • 泉大津市ふれあいバス (大阪府泉大津市
    • 無料。高齢者、障害者、妊婦等のみ乗車可。
  • この他、和泉市泉大津市などでは、企業からの受託により、最寄り駅から発着する送迎バスが運行されている。
  • 和泉事業所には観光バスが配属されている。

なお、かつては、以下の路線バスを運行していた。

  • 岸和田市内循環バス「だんじりくん」=2005年5月31日限り廃止
  • 大阪府泉南郡岬町のコミュニティバス「ミニループバスみさき」=2012年4月から運行事業者を大新東に変更

京浜支店[編集]

  • 企業からの受託により、無料送迎バスを運行している。
運行エリアは、神奈川県川崎市南部・横浜市海老名市厚木市伊勢原市秦野市中井町東京都大田区品川区港区千葉県船橋市など。
  • 京浜支店と伊勢原営業所には観光バスが配属されている。
  • 車検のコバックとして、海老名で車検・一般整備を実施している。

車両[編集]

大型送迎車(エアロスター:CRB塗装)

マイクロバスから大型バスまで多種多様な車両が存在する。主に三菱日野が多いが、いすゞ日産ディーゼル(現・UDトラックス)も少数存在する。また、2009年から韓国現代自動車製の大型車が導入されている。

自社の標準仕様は、中型バスは前ドアのみ、大型バスは前・後ドアだが、交通バリアフリー法の絡み等で後ドア車を製造するメーカーがなくなってしまったため、近年導入された車両からは前・中ドアになっている。座席は2人掛け、補助椅子付き。その他、企業からの買い取り(元白ナンバー)や中古車の導入により、標準仕様とは違う車両も多数存在している。また、各支店・営業所で仕様が少しずつ異なっており、非常にバラエティーに富んでいる。

塗装は、白をベースに青の海と雲をイメージした標準カラーの他に、京浜支店のCRBカラーが多い。大阪堺支店には、標準カラーを紫色にしたものや、ごく少数CRBカラーが存在する。過去には、ミニループバスみさきと同じカラーの車両が品川営業所に配属されていた(現在はCRB塗装への変更により消滅)。このような事態は、支店間で車両の転属が行われるためである。また、送迎バスの委託元企業のオリジナルカラーも多い。

観光バスは中型ハイデッカー、大型ハイデッカーとスーパーハイデッカーがあり、標準的な仕様の他、トイレ付きや車いすリフト付き、9列シート車、高速ツアーバス専用車などがある。塗装はほとんどが青の標準カラーだが、一部に自社オリジナルカラーや旅行会社の契約カラー、WILLER EXPRESSからリースされているウィラーカラーの車両などがある。

グループ企業[編集]

外部リンク[編集]