中心溝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: 中心溝
ヒト左大脳半球の外側面。中心溝は一番上に表示されている。
Gray726 central sulcus.svg
左大脳半球の外側面を横から見た図。赤い所が中心溝
名称
日本語 中心溝
英語 central sulcus
ラテン語 sulcus centralis
略号 cs
画像
Digital Anatomist 左側面
右側面
左側面+島
内側
上方
上方
関連情報
NeuroNames 関連情報一覧
NIF 総合検索
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

中心溝(ちゅうしんこう、: Central sulcus)は、脊椎動物大脳皮質にある脳溝の1つ。中心裂 (central fissure)、ローランド裂 (the fissure of Rolando または the Rolandic fissure) とも呼ばれる。ローランド裂の名はイタリアの解剖学者ルイジ・ローランド (Luigi Rolando) にちなんで名付けられた。

中心溝は頭頂葉前頭葉の境界となる。中心溝の前壁は一次運動野となっており体の各部位へ筋肉を動かすための信号を出力している。後壁は一次感覚野となっており、体の各部位から感覚情報の入力を受けとる領域となっている。

中心溝は大脳にある非常に目立つ構造のひとつで、他の脳回脳溝を同定する際の重要な目印となる。しかし中心溝の前後には中心前溝中心後溝という脳溝が中心溝とほぼ平行に走っており、脳の外観やMRI画像だけから中心溝を見つけ出す作業は必ずしも容易なものではない。

頭部MRIによる中心溝の同定[編集]

中心溝の同定方法はいくつか知られたものがあるが代表的なものをまとめる。

帯状溝辺縁枝法

大脳縦裂を前方から後方にたどり最初に外側からぶつかる溝が帯状溝辺縁枝である。帯状溝辺縁枝の延長線上に中心後溝があるため、その前方に中心溝がある。

上前頭回法

大脳縦裂に接する上前頭回を前方から後方にたどり、上前頭回に外側からぶつかる最初の脳溝が中心溝である。

参考画像[編集]

外部リンク[編集]