中庸 (ギリシア哲学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中庸(ちゅうよう)とは倫理学(特にアリストテレスのそれ)において、の一つ。

ニコマコス倫理学』のなかで、アリストテレスは人間の行為や感情における超過と不足を調整する徳としてメソテース(中間にあること)を挙げた。メソテースとはギリシャ語(ギリシア語: μεσοτης, Mesotes)であるが、英語ではGolden Mean(又はHappy Mean)と言う。日本語訳ではこれに中庸という儒教用語をあてた。例えば、勇気は蛮勇や臆病の中間的な状態である時はじめて徳として現れる。アリストテレスによれば、この両極端の中間を知る徳性が思慮フロネシス、実践知)である。

関連項目[編集]

執筆の途中です この「中庸 (ギリシア哲学)」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。