中川英二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中川 英二郎(なかがわ えいじろう、1975年 - )は、日本のトロンボーン奏者。東京都出身。

略歴[編集]

父がトランペット奏者の中川喜弘、兄が作曲家編曲家中川幸太郎、さらにクラリネット奏者の中川武、トロンボーン奏者の中川敦嗣を叔父に持ち、祖父も新京交響楽団(NHK交響楽団の前身)のバイオリン奏者という音楽一家に生まれる。3歳にピアノを始めて音楽の基礎を学び、5歳の時にトロンボーンを始める。この頃からあらゆるトロンボーン奏者のコピーを行い、8歳の頃には既に父・喜弘のバンドの準メンバーとして活動を始めていたという。

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校入学後から学業と平行してスタジオ・ミュージシャンとしての活動を行い、1992年には16歳にして初のリーダーアルバム「EIJIRO NAKAGAWA & FUNK '55」を発表する。スタジオ・ミュージシャンとしての活動は幅広く、数多くのアーティストのレコーディングに参加している。クラシック分野でも東京佼成ウインドオーケストラのゲストプレーヤーとしての参加や、読売日本交響楽団との競演を果たしている。

2001年に活動の拠点をニューヨークに移し、ジム・ピュー (Jim Pugh) とのトロンボーンユニット「E'nJ」(イーエンジェイ)をはじめ、カルテット「Slide Style」や金管8重奏「侍Brass」などで活動を行っている。父・喜弘や兄・幸太郎との競演作も多い。

2008年には連続テレビ小説」のテーマ曲演奏も手がけている。

ディスコグラフィー[編集]

外部リンク[編集]