中島湘煙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中島 湘煙(なかじま しょうえん、旧姓名:岸田俊子、女性、文久3年12月5日1864年1月13日) - 明治34年(1901年5月25日)は明治時代の女権拡張運動家作家である。土佐国(現在の高知県)出身の神奈川県県令中島信行の後妻となり、活動を展開した。

年譜[編集]

  • 1863年 12月5日(旧暦)、現在の京都府に生まれる。
  • 1877年 京都府女子師範学校に入学したが間もなく病気のため退学した。
  • 1879年 槙村正直山岡鉄舟の推挙で宮中に文事御用掛として出仕し、皇后(後の昭憲皇太后)に漢学を進講する。
    • ※出仕した時期は1878年とする説もある。
  • 1881年 秋に御用掛を辞め、各地を遊歴する。その際、高知で自由党員の坂崎紫瀾宮崎夢柳を知った。
  • 1882年 1月、京都に戻る。
    • 同年4月、中島信行らの日本立憲政党の大阪での演説会で「婦女の道」の題で演説。以後1884年まで政治演説に従う。
  • 1883年 10月、滋賀県大津での演説後拘引され入獄する。
  • 1884年 1月、上京。
    • 同年5月、星亨主宰の新聞『自由燈(じゆうのともしび)』に論説を発表する。
  • 1885年 中島信行とともに受洗する。
  • 1886年 この頃中島家に入る。巌本善治主宰の『女学雑誌』に湘煙の筆名で論説を発表する。自宅で塾を開く。
  • 1887年 7月、翻案『善悪の岐(ふたみち)』を粧園女史の筆名で『女学雑誌』に発表。
    • 同年9月頃、新栄女学校の和漢学科主任になる。
    • 同年12月、保安条例により信行とともに東京を退去し、横浜に移る。
  • 1888年 1月、『女学雑誌』に漢詩を発表する。
  • 1889年 2月、小説『山間の名花』を『都の花』に発表する。
  • 1892年 11月、イタリア公使になった信行とともにローマに出発する。
  • 1893年 9月、病気のため信行とともに帰国する。
  • 1897年 1月、小説『一沈一浮』を『文芸倶楽部』に発表する。
  • 1898年 11月、神奈川県大磯町に転居し、夫婦ともに療養する。
  • 1899年 1月、随筆・日記『大磯だより』を1900年3月まで『女学雑誌』に発表する。
    • 同年3月26日、信行が肺結核のため54歳(数え年)で逝去する。
  • 1901年 5月25日午後1時15分に肺結核のため39(数え年)で逝去する。法号は葆光院殿月洲湘烟大姉。遺骨は大磯の大運寺に埋葬される。
  • 1902年 3月、石川栄司藤生てい(藤生貞子)編の遺稿集『湘烟日記』が育成会より刊行される。