中山王サク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「中山王サク」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

中山王サク[1](ちゅうざんおうさく、? - 前313年、在位:前327年 - 前313年)は、中山国の王で第5代君主。北の及びを攻撃して領土を拡大し、中山国の礎石を築いた。

先代:
成公
中山国君主(王)
第5代:前327年頃 - 前313年
次代:
王シシ

脚注[編集]