中将姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中将姫(ちゅうじょうひめ、天平19年8月18日(747年9月30日)- 宝亀6年3月14日(775年4月22日))は、奈良当麻寺に伝わる当麻曼荼羅を織ったとされる、日本の伝説上の人物。平安時代の長和寛仁の頃より世間に広まり、様々な戯曲の題材となった。

伝説における生涯[編集]

中将姫の墓
中将姫の像(当麻寺)

當麻寺#当麻曼荼羅と中将姫伝説も参照の事。)

藤原鎌足曾孫右大臣藤原豊成とその妻の紫の前(品沢親王の娘)の間には長い間子どもが出来ず、桜井長谷寺の観音に祈願し、中将姫を授かる。しかし、母親は、その娘が5歳の時に世を去り、7歳の時に豊成は、橘諸房の娘である照夜の前を後妻とする。

中将姫は、美貌と才能に恵まれ、9歳の時には孝謙天皇に召し出され、百官の前で琴を演奏し、賞賛を受ける。しかし、継母である照夜の前に憎まれるようになり、盗みの疑いをかけられての折檻などの虐待を受けるようになる。

13歳の時に、三位中将の位を持つ内侍となる。

14歳の時、豊成が諸国巡視の旅に出かけると、照夜の前は、今度は家臣に中将姫の殺害を命じる。しかし、命乞いをせず、極楽浄土へ召されることをのみ祈り読経を続ける中将姫を家臣は殺める事が出来ず、雲雀山の青蓮寺 (宇陀市)へと隠す。翌年、豊成が見つけて連れ戻す。中将姫は1000巻の写経を成す。

天平宝字7年(763年)、16歳の時、淳仁天皇より、後宮へ入るように望まれるが、これを辞す。その後、二上山の山麓にある当麻寺へ入り尼となり、法如という戒名を授かる。

26歳で長谷観音のお告げにより、当麻曼荼羅を織り上げる。仏行に励んで、徳によって仏の助力を得て、一夜で糸で当麻曼荼羅観無量寿経曼荼羅)を織ったとされている。

宝亀6年(775年)春、29歳で入滅阿弥陀如来を始めとする二十五菩薩が来迎され、生きたまま西方極楽浄土へ向かったとされる。

関連する事項[編集]

  • 『奈良坊目拙解』においては、中将姫が生まれた時期には、豊成は、その父の藤原武智麻呂と共に難波の別荘にあったとしている。
  • 757年7月の橘奈良麻呂の乱に関わったとして、普段より橘奈良麻呂と好を通じていた兄・藤原乙縄が乱に与したとみなされ日向に左遷されると、豊成も連座して右大臣を罷免され大宰員外帥に落とされる。豊成は抗議の意を込めて「病気」と称して難波にあった自分の別荘に8年間も籠っている。豊成の兄で政敵である藤原仲麻呂が、道鏡の排斥を図った、天平宝字8年(764年)「藤原仲麻呂の乱」に失敗し、殺害されると、豊成は復帰している。
  • 実際の母は、藤原四兄弟の末弟・藤原麻呂当麻氏の娘の間に生まれた藤原百能ではないかともされる。ただし、百能は780年まで生存し、天平神護元年(766年)の豊成の死後は、内侍として従二位まで昇進。
  • 一説には父の左遷を悲しんだため、當麻寺(たいまでら)に入りとなったとされる(あるいは、亡き母の供養を怠らなかったのを契機に仏門に入った説もある)。
  • 中将姫が婦人病に悩まされたとの伝説があり、淡島明神同様、同じ悩みを持つ女性に特に信仰があった(参考:中将姫誓願桜)。
  • ツムラの創業者津村重舎大和国宇陀郡出身で、雲雀山青蓮寺の檀家であり、母の実家の藤村家に、逃亡中の中将姫をかくまった御礼に製法を教えられた薬(中将湯)が、代々伝えられていたという。これは、仏事の一環として薬学の習得があったとされている。
  • 中将姫が一晩で織ったという曼荼羅に使われた蓮糸は、香芝市別所にある蓮池の蓮が使われたという伝承がある(参考:『天の二上と太子の水辺』『香芝町史』)。
  • 大和高田市を流れる高田川には中将川との別名がある。中将姫は船で、高田川を使って移動、安部村に上陸、築山古墳のある築山村に滞在した後、当麻寺へ入ったとの伝説がある。
  • 継母の暗殺から逃れた雲雀山については、和歌山県有田市糸我町と橋本市恋野にも同じ名前の地名があり、どちらも、中将姫にまつわる言い伝えが残されている。
  • 当麻曼荼羅は、調査の結果、の糸で織られており、から持ち込まれたものではないかと言われている。
  • 天皇から中将の位を賜ったため、中将姫と言ったとの伝承もあるが、「中」が重要な鍵ではないかとも考えられる。「中」が例えば「神(仏)と人との仲立ちをする」意味を示している可能性もある。他に考えられる例としては中大兄皇子、中皇命、忍坂大中姫中臣氏中宮?等があげられるが、詳しいことはわかっていない。しかし、ならまちにある中将姫誕生寺の三棟殿略縁起によれば、天平19年8月18日の早朝に生を受け、藤原豊成はその日のうちに「中将内侍」の官名の勅許を受けたことから中将姫と呼ばれるようになったわけである。


題材にした作品[編集]

関連項目[編集]