中央山岳地帯 (ルソン島)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コルディレラ・セントラル

中央山岳地帯(ちゅうおうさんがくちたい、コルディレラ・セントラル、英語: Cordillera Central)は、フィリピンルソン島北部にある山脈である。中央山岳地帯は先住民が多くコルディリェラ行政地域に指定されている。

地理[編集]

最高峰はプログ山Mt. Pulog)の2,929m。カガヤン川英語版Cagayan River)の支流であるマガット川Magat River)やチコ川Chico River)が北に向かって流れている。

文化遺産[編集]

この地域にある棚田は、世界最大とも言われている[誰によって?]。この地域の稲の棚田は1995年にフィリピン・コルディリェーラの棚田群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたが、荒廃が進み2001年には危機遺産に指定されている。