中央カスピ独裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中央カスピ独裁
Диктатура Центрокаспия
バクー・コミューン 1918年 - 1918年 アゼルバイジャン民主共和国
中央カスピ独裁の国旗
(国旗)
首都 バクー
首班
xxxx年 - xxxx年 サドフスキー
軍司令官
xxxx年 - xxxx年 ラーザリ・ビチェラホフ
変遷
成立 1918年8月1日
オスマン軍が侵攻し消滅 1918年9月15日

中央カスピ独裁(ちゅうおうカスピどくさい、ロシア語: Диктатура Центрокаспия)とは、第一次世界大戦中のバクーに短期間存在した、反ボリシェヴィキの暫定政府である。この政権は1918年7月26日に社会革命党メンシェヴィキ、そしてイギリスに支援されたアルメニアダシナク党無血革命によりボリシェヴィキバクー・コミューンを倒し[1]、8月1日に「カスピ海小艦隊中央委員会・ソビエト執行委員会臨時幹部会独裁政権」の確立を宣言したことで成立した[2]。政府首班はメンシェヴィキのサドフスキー (Садовский) が、軍司令官は北カフカースコサック部大佐のラーザリ・ビチェラホフ (ru) が務めた[3]

これらの反ボリシェヴィキ勢力は、バクーへ進撃するオスマンのイスラム軍アゼルバイジャン語版を食い止めようと、イギリスに助けを求めた。それに応えてライオネル・ダンスターヴィル英語版将軍指揮下のイギリス軍が主にダシナク党と協力してバクーの戦いアゼルバイジャン語版を戦った。

9月15日にバクーが陥落しオスマン・アゼルバイジャン軍が進駐すると、イギリス軍と多くのアルメニア人は首都から逃亡し、政権は消滅した[4]。しかしオスマン帝国が第一次世界大戦に敗北して10月30日にムドロス休戦協定に調印すると、イギリス軍は再びバクーに駐留するようになった。

脚注[編集]

  1. ^ Dunsterville, Lionel Charles (1920). The adventures of Dunsterforce. E. Arnold. p. 207. http://books.google.com/books?id=4BkDAAAAMAAJ&pg=PA207. 
  2. ^ ア・イ・ミコヤン 『ミコヤン回想録1 バクー・コンミューン時代』 小川政邦、上田律訳、河出書房新社1973年、183頁。
  3. ^ ア・イ・ミコヤン 1973, p. 154, 183.
  4. ^ Companjen, Françoise; Maracz, Laszlo; Versteegh, Lia (2011). Exploring the Caucasus in the 21st Century: Essays on Culture, History and Politics in a Dynamic Context. Amsterdam University Press. p. 119. ISBN 978-90-8964-183-0. http://books.google.com/books?id=ifHj0xaf7hMC&pg=PA119. 

関連項目[編集]