中国本土・マカオ経済連携緊密化取決め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中国本土・マカオ経済連携緊密化取決め(ちゅうごくほんどまかおけいざいれんけいきんみつかとりきめ、繁体字內地與澳門關於建立更緊密經貿關係的安排簡体字内地与澳门关于建立更紧密经贸关系的安排ポルトガル語: Acordo de Estreitamento das Relações Económicas e Comerciais entre o Continente Chinês e Macau; 英語: Mainland and Macau Closer Economic Partnership Arrangement; 略称: 中国本土・マカオCEPAまたはCEPA)は、中華人民共和国の本土とマカオ特別行政区との間で2003年10月18日に締結された自由貿易協定 (FTA) である。

同様のFTAには、中国が香港特別行政区2003年6月29日に締結した中国本土・香港経済連携緊密化取決めがある。中国本土・マカオCEPAの下で、マカオから中国本土に輸入される272品目にのぼる製品の輸入関税が免除された。本協定締結後、更なる自由化を実現するための補足協定が年に一度、中国とマカオの間で締結されている。最新の補足協定は通称CEPA Vと称される第4次補足協定(2007年7月2日締結)である[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]